アメリカのトヨタ批判は保護主義とは関係ない--リチャード・カッツ 本誌特約(在ニューヨーク)


 アメリカ人は過ちを認め、是正措置を講じた場合、その過ちを進んで許す。

トヨタが最初から正直に説明していれば、トヨタ車の高い品質からして、他の自動車会社よりも簡単に許されていただろう。事実、自動車関連の苦情を調査し、リコールを命令する権限を持つ米高速道路交通安全局(NHTSA)によれば、トヨタは1台当たりの苦情の割合が最低であった。

トヨタは膨大なコストを払うことになるだろう

04年にアメリカ最大の自動車保険会社、ステート・ファーム社は急激な加速問題についてNHTSAに報告を行っている。だが、トヨタは運転手のミスだと言い続けた。NHTSAも調査せず、同局の少ないスタッフは他の優先的な問題に携わっていたと弁明していた。

議員たちは、トヨタのワシントン事務所の安全問題担当のアメリカ人幹部2人は元NHTSA幹部で、それが同局のトヨタの扱いが甘くなった理由ではないかと疑っている。公聴会で委員は、09年7月にトヨタが「NHTSAと交渉してリコール範囲を制限したことにより経費を1億ドル節約した」と社内で説明したとされる件に関して、北米トヨタの稲葉良H社長を問い詰めた。

09年12月にNHTSAのロン・メドフォード局長代理は豊田市で、品質保証担当の横山裕行トヨタ常務執行役員と会談している。ここでもトヨタは欠陥を否定し、フロアマットを誤って敷いたのが原因であると運転手を非難し、メドフォード局長代理を激怒させた。

その1カ月後、NHTSAに対して、トヨタの2人の役員が少なくとも1年前からアクセルに問題があることを知っていたと認めた。議員は、繰り返し稲葉北米トヨタ社長に隠蔽を裏付ける内部資料について質問をしている。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • フランスから日本を語る
  • iPhoneの裏技
  • 賃金・生涯給料ランキング
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT