スバル、インプレッサ買うならどのグレード?

1.6Lモデルが200万円とコスパ抜群で狙い目!

一部改良で5ドアハッチバック「インプレッサスポーツ」のラインナップが変更(写真:SUBARU)

先日発表された新型「レヴォーグ」が話題の中心となっているスバルではあるが、実は最量販車種はレヴォーグでもレガシィでもなく「インプレッサ」なのだ。そんな世界戦略車のひとつであるインプレッサが10月に一部改良を受けた。今回の改良での目玉は2つ。1つ目は、すでにXVに搭載されていた「e-BOXER」と呼ばれる2Lエンジン+モーターのマイルドハイブリッド仕様が追加されたこと。そして2つ目は、「STI Sport」という、走りと内外装の質感を高めた最上級グレードが設定された点だ。

ただし、今回変更を受けたのは5ドアハッチバックモデルの「インプレッサスポーツ」のみで、4ドアセダンである「インプレッサG4」は従来のままのラインナップとなる。

従来のハッチバックとセダンは、まったく同じグレード展開かつ価格まで同一であり、純粋にボディタイプの好みで選ぶことができたのだが、今回はそれが一部通用しなくなってしまった。そこで改めてインプレッサを買うなら、どのグレードがベストなのかを探ってみたいと思う。

ラインナップが増えたハッチバックの中で消滅した仕様

今回の一部改良でハッチバックモデルに「e-BOXER」モデルと「STI Sport」が追加された一方で、消滅してしまった仕様が存在する。それが2Lガソリンエンジンを搭載するモデルの中でもスポーティーな装いをまとった「2.0i-S EyeSight」グレードだ。

STIチューンでスポーティーに進化した最上級グレード「STI Sport」は270万6000円〜(写真:SUBARU)

もっとも、よりスポーティーで上質な「STI Sport」が追加されているので、消滅したというよりは置き換えられたと言ったほうがいいかもしれない。

そして、もう1つひっそりと姿を消しているのが、同じく2Lガソリンエンジンを搭載するベーシックグレードの「2.0i-L EyeSight」のAWD(前輪駆動)車」だ。こちらは、e-BOXERモデルの「2.0e-L EyeSight」が新設定された(e-BOXERモデルは全車AWD)ためと思われるが、従来の「20i-L EyeSight」のAWD車よりも9万9000円高額となってしまうため、少しでも手頃に2L+ EyeSightを楽しみたいというユーザーには悩ましいところ。

なお、今回の一部改良でラインナップに変更がなかったセダンのG4では、「2.0i-S EyeSight」も「2.0i-L EyeSight」のAWD車も継続設定されているので、このグレードを検討している人はボディタイプを含めて再検討したほうがいいかもしれない。

次ページガソリンエンジンとハイブリッドどちらがおすすめ?
自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
人気の動画
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
銀行員の出世コースに見られ始めた大きな変化
銀行員の出世コースに見られ始めた大きな変化
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日本企業は米中の板挟み<br>全解明 経済安保

先端技術をめぐる米中の争いは日本に大きな影響をもたらします。海外からの投資は経済を活性化させる一方、自国の重要技術やデータが流出し安保上のリスクになる可能性も。分断の時代に日本企業が取るべき進路を探ります。

東洋経済education×ICT