「話すことがない」と悩む就活生が持つべき視点

エントリーシートは「小さな成長物語」でいい

就活でよく言われることに、面接官や会社にとって「一緒に働きたい人」を目指す、というものがある。ESに目を通すのは人事担当者だが、一次面接や二次面接は、現場の社員が駆り出されることも多く、こうした文脈が生まれたのだろう。

事実、入社とは一緒に働くことでもあるため、この基準は正しいと言える。しかし、一緒に働きたい人という指針は明確なようでいて曖昧で、要素分解することは難しい。

そこで、私は「応援したくなる人」としたほうが正確であると考えている。応援したくなる人は、ストーリーテリングの項目で説明した人物像と重なる。

不器用であらゆる壁にぶつかり、小石に躓きながらでも、自分の頭で考え一歩ずつでも前に進もうとする人である。こうした指標を、人材業務を行う担当者に投げ掛けたところ、非常に共感できるとの意見を得ている。

孤独を感じながら就活に挑むあなたへ

器用な人はいまのまま就活に臨めばいいと思う。しかし、そうではないと考える人には、就活に絶望しないでほしいと心から願っている。自分の価値観とは違う物差しで測られ、否定されることもあるだろう。

それでも、腐ることなく、不貞腐れることもなく、あきらめない姿勢を取り続けてほしい。あなたの小さな成長物語とその未来を語れるようになれば、あなたを応援したいと思う人と出会える日は必ずやってくる。その日まで、不器用な自分を表現し続けてほしい。

いまスマホを手に、パソコンの前で、孤独を感じながら就活に挑んでいるあなたへ。小さな成長物語を語り切る。過去だけでなく未来を見据える。そして、最後に、自分の可能性を誰よりも信じられる自分でいる。そんな姿勢を持つだけで、あなたの言葉は強くなり、あなたを正しく理解できる人は必ず現れる。そして、大人は、就活を通じて、そんなあなたと出会えることを楽しみにしているのだ。

関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • ドラの視点
  • 精神医療を問う
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT