「デフレの兆しあれば、行動の用意」

ドラギECB総裁、悪循環の連鎖を警戒

 5月26日、ECBのドラギ総裁は、為替レートや与信の動向を注視しており、デフレの兆しがあれば行動する用意があると述べた。8日撮影(2014年 ロイター/Francois Lenoir)

[シントラ(ポルトガル) 26日 ロイター] - 欧州中央銀行(ECB)のドラギ総裁は26日、為替レートや与信の動向を注視しており、デフレの兆しがあれば行動する用意があると述べた。ECB主催の中央銀行に関するフォーラムで述べた。

総裁は、経済が悪化している国では、信用の縮小が景気の回復を妨げる要因になっていると指摘。ユーロ圏の物価上昇率は、ユーロ高で抑制されるとの見方を示した。

総裁は、インフレ率がECBの目標である「2%を下回るが2%に近い水準」に緩やかに戻るとの見通しに変更はないが、「ECBの責務は、起こり得るシナリオのリスクを警戒し、リスクが顕在化した場合に行動する体制を整えておくことだ」と述べた。

総裁は「個人的に、現時点で特に注意しなければならないと考えているのは、特に経済が悪化している国で、低インフレ、インフレ期待の低下、信用の収縮という悪循環が進行するリスクだ」と指摘。「ディスインフレ期待が定着するリスクがある」と述べた。

総裁は個々のシナリオでどのような対応が必要になるかも明言。為替レートや市場の動きによって、正当化できない金融の引き締まりがみられた場合は「伝統的手段の調整が必要になる」としたほか、インフレ期待が不安定化した場合は「幅広い資産買入れプログラムの背景になる」と指摘した。また、与信上の問題で金融政策の効果が波及しない場合は、より的を絞った対策が必要になるとの見方を示した。

 

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 就職四季報プラスワン
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • 夢を諦めない「脱会社員の選択」
トレンドライブラリーAD
人気の動画
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT