「昭和の喫茶店の宝庫」浅草で訪れたい名店3選

創業70年の老舗や有名パン屋さん直営カフェも

路地にひっそりと建つ「珈琲アロマ」 (イラスト:杉浦さやか)
広い広い東京。小さなエリアにも、魅力的な路地やお店が無数に広がっています。ずっと暮らしている場所だけれど、ちょっと歩けばいつだって新しい顔に出会えて、どこか知らない街にいるような気分に浸ることができる。
変わりつつある日本橋や丸の内、ノスタルジックな原宿、上野など9エリア158カ所を実際に歩き、その魅力をイラストとエッセイで紹介した『ニュー東京ホリデイ 旅するように街をあるこう』から、一部を抜粋してお届けします。

浅草はレトロな喫茶店の宝庫

浅草は歴史ある昭和の喫茶店の宝庫。今回訪れた昔ながらの2店は、町の人に愛される浅草らしいお店。

同行のHちゃんが、「気になるけどいつも常連さんでいっぱい」と案内してくれたのが、路地にひっそりと建つ「珈琲アロマ」 。カウンターだけのお店ですが、一見の私たちでもとても居心地がよかった。やわらかなご夫婦のもてなしに、心安らぐひと時を過ごしました。

・珈琲アロマ    台東区浅草1-24-5

浅草なのに銀座でブラジルな「銀座ブラジル」 は、創業昭和23年。風通しのよい雰囲気はもちろん、料理がとにかくおいしい。マダムの、料理がとにかくおいしい。マダムの、親しみあふれる接客も最高です。

銀座ブラジル(イラスト:杉浦さやか)
銀座ブラジル 台東区浅草1-28-2 2階
次ページ大好きな上野公園
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • iPhoneの裏技
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地銀 最終局面<br>首相が追い込む崖っぷち

遅々として進まなかった地銀再編。しかし菅義偉首相は明確に踏み込みました。全国の地銀はどう動くのか、現状を徹底取材。今後起こりうる地銀再編を大胆予測。さらにビジネスモデルや行員の働き方にも注目し、地銀が生き残る道について探りました。

東洋経済education×ICT