採用数は例年以上に少なめ、一段と厳しくなる企業の11年卒採用意欲--「人事担当者に聞く」2011年新卒採用に関する調査

採用数は例年以上に少なめ、一段と厳しくなる企業の11年卒採用意欲--「人事担当者に聞く」2011年新卒採用に関する調査

30%の企業が内定者数を例年より少なめに、業績動向で採用数は二極化--2011年新卒採用に関するインターネット調査でこんな傾向が明らかになった。大手就職情報サイト「みんなの就職活動日記」を運営する楽天が行った今回の調査は、1月29日から2月1日にかけて、楽天リサーチ登録モニター(約179万人)の中から、全国の20~69歳の男女計800人の人事担当者を対象に行ったもの。

昨年10月調査で「横ばい予定」だった企業は、採用人数“削減”と“増員”に二
極化

11年卒の新卒採用人数は、「昨年(10年度)に比べ採用人数は横ばいの予定」(39.1%)、「昨年に比べ採用人数は減らす予定」(23.5%)、「昨年に比べ採用人数は増やす予定」(11.3%)という結果であった。

同結果を昨年10月に実施した調査と比較すると、「横ばい予定」が4.5ポイント減り、「減らす予定」が1.9ポイント、「増やす予定」が1.8ポイントそれぞれ増加するという結果となった。

採用人数の増減、増やす企業は“微増”、減らす企業は“大幅減”

採用人数の増減について、減らす割合は、「11%~20%減」(26.1%)がトップ、一方、増やす割合については、「1~10%増」が32.2%でトップだった。採用人数を増やす企業は“微増”、減らす企業は“大幅減”という傾向が伺える。

昨年10月比より更に“氷河期”度合い増す、「超氷河期」も20.0%の回答

11年の就職戦線についてズバリ!聞いたところ、「氷河期」が53.5%、「超氷河期」が 20.0%と、合計が73.5%となり、前回調査に比べ9.2ポイント増える結果となった。特に、「超氷河期」との回答が7.5ポイント増えたことが、厳しさを顕著に表している。

内定を出す時期、早くて「4月中」、多いのは「7月以降」がともに25.4%

最も早く内定を出す時期を聞いたところ、「4月中に出す予定」が25.4%とトップ。一方、最も多く内定を出す時期については、「それ(7月)以降」が25.4%、次いで「4月中に出す予定」(21.0%)が続く。この結果を企業規模別に詳細を分析すると、大手企業が4月をピークに内定を出す傾向があり、中小企業では、大手企業の採用がひと段落した7月以降に内定を出す傾向があることが顕著に分かった。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 不安な時代、不機嫌な人々
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
人材戦略から儲けのからくり<br>まで コンサル全解明

人材の争奪戦が過熱し、年収水準もうなぎ登りに。デジタル化を背景にコンサルティング業界は空前の活況を呈しています。本特集ではコンサル業界の動向やビジネスモデルを徹底解説。コンサル会社を賢く選び、上手に活用していくノウハウを紹介します。

東洋経済education×ICT