GAFA社員が「愛社精神は無価値」と判断する理由

彼らの頭の中は「次の転職先」のことで一杯だ

自身も投資家であるイーロン・マスク氏(テスラ、スペースXの共同設立者およびCEO)は数百億ドルの資産を持つ世界有数の「お金持ち」の1人ですが、彼のような人が事業を始めたら、その分野が「次のはやり」だと見てよいでしょう。マスク氏は現在、ロケット事業に力を注いでいますが、この分野にベンチャー・キャピタルもどんどんお金を出しています。

シリコンバレーのトップ企業のCEOがやり始めたとか、ベンチャー・キャピタルが投資し始めたという情報を見れば、ある程度その事業の将来予測はできるのです。

「社会に必要なもの」に投資されない理由

不思議なのは、本来であれば、社会問題の解決に役立つような技術に先行投資がなされるべきですが、現実はそうなっていません。

『シリコンバレー発 スキルの掛け算で年収が増える 複業の思考法』(PHP研究所)。書影をクリックすると、アマゾンのページにジャンプします

ロボット開発の分野でいえば、たとえば犬型ロボットよりも、世界の貧困層が飢餓にならないための自動農業ロボットや、医師の手術が難しい特殊なガンを治す医療ロボットなどのほうが、世の中のためになるかもしれません。しかし、それらは儲からないといった理由から、社会に必要な技術には投資されないという悲しい現実があります。

いずれにしても、世界の強国であるアメリカのシリコンバレーの「動き」に注目していれば、次にはやる分野を見つけるのは、そう難しいことではないと思います。

アメリカの場合だと「ホット産業」に目を向けるのもいいでしょう。具体的な企業名を挙げると、

シスコ(コンピュータネットワーク系)

Google・Facebook・Amazon(クラウド・SNS系)

VMware・Splunk(仮想化・ビッグデータ系)

と7、8年周期で推移していきました。正直、いまの私のプログラミングスキルは、Googleなどで働いている人より劣ると思っています。それでも、GoogleやAmazonよりも給与が高いのは、ホット産業に身を置いているからです。

自分には得意分野がない、何が好きなのかわからないと思っている人は、投資家や著名な経営者の発言などを参考にして、「次にきそうな産業」に身を投じるのも1つの手でしょう。

関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 就職四季報プラスワン
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 今見るべきネット配信番組
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地銀 最終局面<br>首相が追い込む崖っぷち

遅々として進まなかった地銀再編。しかし菅義偉首相は明確に踏み込みました。全国の地銀はどう動くのか、現状を徹底取材。今後起こりうる地銀再編を大胆予測。さらにビジネスモデルや行員の働き方にも注目し、地銀が生き残る道について探りました。

東洋経済education×ICT