慰安婦、徴用工が語る「日韓歴史問題」への本音

日韓は永遠に分かり合えない、は誤解だ

明石 晋一郎/あかいししんいちろう 講談社『FRIDAY』や文藝春秋『週刊文春』記者を経て、2019年にジャーナリストとして独立。日韓の歴史問題を中心に取材を続けている(撮影:梅谷 秀司)
慰安婦や徴用工などの歴史問題で、「謝罪せよ」「反省せよ」という韓国の主張に、日本はうんざりしている。しかし、そのような主張からは、当事者である彼女ら彼らの本音が見えない。『韓国人、韓国人を叱る 日韓歴史問題の証言者たち』を書いたジャーナリストの赤石晋一郎氏に当事者たちの言い分を聞いた。

韓国で取材を進めるほど違和感を覚えるように

──メディアの報道は、日本に反省と賠償を求める声ばかりで「韓国人はそれほど日本人を憎んでいるのか」と思ってしまいます。

私も当初は、日本批判が韓国人の本音だと感じていました。ところが、韓国での取材を進めれば進めるほど違和感を覚えるようになりました。例えば、ある慰安婦は「慰安婦問題が日韓対立の棘(とげ)になってはいけない」と私に訴えかけてきました。徴用工の中には「受け取る給料は日本人も韓国人も同じ金額だった」「差別はなかった」と証言する人もいます。

取材で当事者に会って体験を聞いてみると、反日だと思われていた韓国人の違った本音をたくさん聞くことができました。そうした言葉を多くの日本人読者にも知ってもらいたいと思ったのです。

──今年4月、韓国で慰安婦問題を主導してきた団体のトップが、慰安婦支援のために使われる募金などの資金を私利私欲のために使ってきたとの疑惑が発覚しました。

次ページ「慰安婦問題」が大きくこじれてしまった要因
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 食べれば世界がわかる!カレー経済圏
  • コロナ後を生き抜く
  • 井手隊長のラーメン見聞録
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
菅新政権が誕生しても<br>「安倍時代」は終わらない

牧原出氏執筆の連載「フォーカス政治」。9月16日に菅新首相が誕生しましたが、施策の基本線は「安倍政権の継承」。惜しまれるように退任し、党内無比の外交経験を持つ安倍前首相は、なお政界に隠然たる影響力を保持しうるとみます。その条件とは。

東洋経済education×ICT