コロナ後に勝ち続ける人を形作る決定的な要素

オンラインが当たり前の環境に対応できるか

出口:新型コロナがインフルエンザ並みになったら、ニューノーマルは基本的に消えると思うのです。ただ、コロナが終わっても元に戻らないものがある。僕はテレビのリモコンスイッチのことをいつも思い浮かべるのですが、リモコンが出てきたときは、「1メートル手を伸ばせばテレビのスイッチを回せるのに、そんな横着な人なんかいない」とみんなが言っていたのです。

尾原:なんでわざわざリモコンがいるのかと。

出口:ところが、いまは全員リモコンです。わずか1メートル動くのも億劫なのが人間の本性です。人間は怠け者で横着な動物なので、オンライン授業を1回やった人は……。

尾原:こっちのほうが楽やんと。

便利さや簡便さはすべてを凌駕する

出口:オンライン会議をやった人も同じです。便利さや簡便さはすべてを凌駕すると思っているので、そうすると、社会はどういうハイブリッドタイプに変化していくのか。

尾原:「面倒くささ=摩擦」がない状態を「フリクションレス」と言って、拙著『ネットビジネス進化論』でも取り上げています。

出口:オンラインもインターネットも進化が速いので、これからどうなるかは僕には想像できません。便利なものが勝つに決まっている、つまりフリクションレスが広まるぐらいしかいえない。ただ、1つだけ思うことがあります。

APUで上半期はオンライン授業しかできないという話をしたとき、一部の先生方は猛反対したんです。学生の目を見て、表情を見て、講義をするのが大学の講義なので、オンラインではダメだと。心をこめた講義はできないと。ところが、ほかに方法がないからしかたなくオンライン授業をやってみて、いまどうなっているか。いちばん反対していた先生がいちばんオンライン授業にハマっているのです。

尾原:へえ! それはなぜですか?

『ネットビジネス進化論』(NHK出版)。書影をクリックするとアマゾンのサイトにジャンプします。紙版はこちら、電子版はこちら

出口:理由はシンプルで、反対していた先生方は、授業に情熱を持っていたのです。コンテンツがしっかりしていて、考え抜かれた自分の授業をオンラインなんかでできるわけがないと思い込んでいたのです。でもオンライン授業をやるしかないと諦めたら、その先生方がネットを使いまくるわけです。

尾原:工夫しまくりますね。

出口:そう考えると、インターネットのビジネスも最終的にはコンテンツだと思うのです。授業に情熱を持っている人がZoom授業を使いこなすのと同じように、しっかりしたコンテンツを持っている人がインターネットを使いこなす。インターネットはすばらしいものだけれど、あくまで1つのツールなので、その人がどんなことを教えたいか、何をやりたいか、何を売りたいかということで決まるような気がします。

尾原:何を発信したいかが大事ということですね。

(構成:田中 幸宏、第3回に続く、近日公開予定)

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • おとなたちには、わからない
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • コロナ後を生き抜く
  • 今見るべきネット配信番組
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ついに上場廃止、大塚家具の末路
ついに上場廃止、大塚家具の末路
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
日本人に多い「腸を汚すフルーツの食べ方」4大NG
日本人に多い「腸を汚すフルーツの食べ方」4大NG
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
2050年の中国<br>世界の覇者か、落日の老大国か

米国と並ぶ超大国を目指す中国。しかし中国の少子高齢化はこれまでの想定を超える速さで進行しています。日本は激変する超大国とどう付き合うべきか。エマニュエル・トッド、ジャック・アタリ、大前研一ら世界の賢人10人が中国の将来を大胆予測。

東洋経済education×ICT