SNSを見て焦る人に知ってほしい「思考の転換」

服のコーディネートを作り置きしておくとラク

そこで「ああ、わたしもやらなくちゃ」と焦ってしまうことがあるかもしれません。わたしも以前は、そんなところがありました。

「みんながやっている」ように見えてしまうのが、SNSのちょっぴり怖いところ。みんながやっていると聞くと、つい周りに流されて、やらないのはダメなように思ってしまったり、それができない自分をどうしても責めてしまいがちです。

でも、頑張りすぎてつらくなってしまうぐらいなら、やらないことにしたほうが、いっそ無理がかからずいいんじゃないかと思い直しました。

今は「わたしも同じようにすべき」とはまったく思わず、「梅仕事の上手な友人から、ちょっとお裾分けしてもらおう。いひひ」「この梅仕事の上手な友人の家に遊びに行ったら、梅酒いただこう。いひひ」という、やましい企てはしています。

みそもしかり。わたしのように「買えばいいや」「お裾分けしてもらえばいいや」って思っている人もいるはず。

そしてそんな人は、SNSにそのことを上げたりしないのです。

「みそが作れないからもらったよ、いひひ」なんてことは書かないものです。

それぞれの選択に理由があります。

比べるよりも、「なるほど、その考えもアリだよね」と考え方をひらりと返してみれば、不思議なくらい気持ちが軽くなります。

生活スタイルが変わりつつある今、これまで選ばなかったことが選択肢にあがることもあるはずです。

その時々でフィットする選択をしていけたらいいですね。

つくりおきコーディネート

出かけるとき、どうしても着ていく洋服が決まらないことがあります。

疲れているときは服なんてどうでもいい。めんどくさい、許されるなら(絶対に許されないけど)裸で出かけたい……なんて本気で(!)思ってしまうことだってあります(さすがにやりませんが)。

服に向かう気持ちは、その日の自分のコンディションのバロメーターであったりします。それでも仕事に行かねばならないし、買い出しに行かねばならないし、玄関を出るためには一定の「服エネルギー」を維持しなければなりません。

そこで、時間があるときに、服の“コーディネートのつくりおき”をしておきます。料理のお総菜のつくりおきみたいなものです。いざとなったらサッと出せる強い味方です。

とくに、学校が再開されて、在宅勤務と出勤とが混在している中で、やっと自分ひとりの時間が少しできてきた今が絶好のチャンス。

次ページいくつかのパターンが出せたら?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
脱・ストレス 不安加速社会<br>への4つの処方箋

コロナ禍で、人と会ったり飲み会をしたりといった従来のストレス解消法がしづらくなっています。そんな今だからこそ、「脳」「睡眠」「運動」「食事」の専門家が教えるコンディショニング術でストレスフリーな状態を目指しましょう。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT