地味な横須賀線「E217系」はJR東の歴史を変えた

カシオペアや四季島のルーツにもなった?

横須賀・総武快速線を走るE217系(写真:mmm/PIXTA)

2020年4月、総合車両製作所( J-TREC)横浜事業所で製造されていた横須賀・総武快速線用新型車両E235系1000番代の2階建てグリーン車が出場し、普通車を製造しているJ-TREC新津事業所へ輸送された。E235系1000番代は2020年秋から順次横須賀・総武快速線に投入され、E217系を置き換えることになっている。

E217系は横須賀・総武快速線用近郊型電車として1994〜1999年にかけて745両が製造された。209系に始まるJR東日本型電車の第1世代に属するが、一時期東海道本線に転属した編成以外は一貫して横須賀・総武快速線系統で使用され続けた。

一見地味に感じるE217系だが、実はJR東日本の電車としては技術的ターニングポイント車両でもある。また、意外なエピソードもある車両だ。ここではその一部を紹介したい。

近郊型電車初の4扉車体を採用

E217系登場以前の近郊型電車は大都市圏で3扉車体、地方都市圏で2扉車体を採用していた。また、座席配置は1980年代前半までは長距離利用を考慮したセミクロスシートが基本となっていた。

しかし、首都圏の通勤輸送を担う東海道本線、東北本線、高崎線、常磐線の混雑率が高く、セミクロスシートがラッシュ時の障害となっていたため、211系、415系ではロングシート車が加わり、以降近郊型電車のロングシート車の比率が高まった。

横須賀・総武快速線も混雑率は高かったが、国鉄時代はロングシート車の新規投入を行わなかった。そしてJR東日本発足後の1989〜1992年にかけて、113系の一部をロングシートに改造して混雑の緩和を図った。同様の改造は東海道本線用113系の一部にも実施された。

E217系もロングシート車を主体として、セミクロスシートは基本編成に3両を連結するのみとなった。さらに近郊型電車で初めて4扉車体を採用して、ラッシュ時の乗降時間短縮を図った。

次ページJR東日本のスタンダードに
鉄道最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 財新
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
トレンドライブラリーAD
人気の動画
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
都心vs. 郊外 家を購入するならどっち?
都心vs. 郊外 家を購入するならどっち?
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
人材戦略から儲けのからくり<br>まで コンサル全解明

人材の争奪戦が過熱し、年収水準もうなぎ登りに。デジタル化を背景にコンサルティング業界は空前の活況を呈しています。本特集ではコンサル業界の動向やビジネスモデルを徹底解説。コンサル会社を賢く選び、上手に活用していくノウハウを紹介します。

東洋経済education×ICT