「島耕作」作者が語る団塊世代の定年後のリアル

「弘兼憲史×松本すみ子」定年後について対談

弘兼:幸い、みんな元気で長生きしていますから、50代といわず、60、70代のマーケットもこれから注目されていいと思いますね。平均寿命までは14、15年あるじゃないですか。

松本:シニア向けのファッションとか化粧品とか、すごく売れているらしいですよ。しかも結構いい値段のものが。銀座なんか歩いていると、そこそこのお年寄りなんだけどすごくおしゃれな人をたくさん見かけます。

弘兼:だから、老人が増えて大変な時代が来る、というふうにマイナスに考えないで、そこに経済が動くところがあるんだ、と考えたほうがいいですね。

松本:私は、少子高齢社会になったから60歳過ぎても働けるようになったんですよ、とよく言います。人手不足だから、コンビニでもファストフードでも60代だったら喜んで受け入れてくれる。昔は60歳を過ぎた人を雇うことなんてなかったじゃないですか。でも今は、とくに女性だと喜んで雇ってもらえますから。

定年後に20年以上は生きることになる

弘兼:日本人の平均寿命はいま男81歳、女87歳ですが、それがこれからさらに延びていくとなると、定年後に20年以上は確実に生きることになるわけです。その20年をどう生きるかが、僕らには問われていると思います。

最終的なゴールはもちろん死ぬことですが、そのゴールテープを笑って切れるかどうか。経済的に豊かだったら笑って死ねるかというと、そんなことは決してない。いかに死ぬ瞬間に「自分の人生、これでよかったな」と思えるか。そのためにできることはたくさんあると思います。

松本:定年後のことを50歳になってから考えるのでは遅いとよく言っているんですが、現実には考えようとする人は多くないですね。

『俺たちの老いじたく 50代で始めて70代でわかったこと』(書影をクリックするとアマゾンのサイトにジャンプします)

弘兼:僕もいろんな本に書いているのは、普通のサラリーマンだったら50歳の時点でそれ以上昇進できるかできないかが何となくわかるわけです。そこで「これで終わりだろうな」と思ったら、それ以上会社のために粉骨砕身することはない。60歳からの人生をどう生きるかという青写真を持って、土日の休みのうち半分はそれに従って行動する。

例えば蕎麦打ちをやりたかったとしたら、土日は全国の蕎麦の名店を歩いて回ってみる。蕎麦を1杯食べるために名古屋まで行って戻ってくる。今のうちにそうやって勉強していくと、後でいろんなところで役に立つんです。

だから、50歳って早いかもしれないけど、せめて定年までの5年か10年は、人生後半のために時間を費やしてほしいと思います。

関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • コロナショック、企業の針路
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スペシャルインタビュー<br>元ラグビー日本代表・畠山健介

今年から米メジャーリーグ・ラグビーのチームに所属、華やかな選手生活とは裏腹に幾多の葛藤を乗り越えてきた畠山選手。「ラグビーファンの拡大には、リーグのプロ化が不可欠だ」。新天地にいる今だから見えてきた日本ラグビー改革論を熱く語ります。