国際標準「伝わる英語」が身に着く意外な近道

平易なのに文章もスピーチもグレードアップ

日本でもスピーチやプレゼンが上手な方が増えていますが、プレイン・イングリッシュはスピーチ・プレゼン向きです。

アップルの創業者、スティーブ・ジョブズはプレゼンの天才と称されました。彼の初代iPhoneの製品発表プレゼンは、一息で話せる長さ、平易な言葉、まさにプレイン・イングリッシュの手本となるものです。興味のある方はYouTubeで「スティーブ・ジョブズ 歴史的プレゼンiPhone」と検索して参考にしてください。

まずはプレイン・ジャパニーズから

日本の企業にとって、プレイン・イングリッシュで情報を発信することは非常に大切です。それを読んだ関係者やユーザーは的確な判断が下せるようになりますし、コミュニケーションが良好になり、信頼関係が高まります。また、読みやすい文章にすることで、ドキュメントやウェブページの訴求効果が高まるからです。

ところで、これは英語に限った話でしょうか。

実は、プレイン・イングリッシュを習得する近道は、日本語をプレインにすることなのです。

英語で情報を配信、コミュニケーションをとるつもりはなくても、別の国の誰かが、あなたの活動や会社の商品に興味を持ち、自動翻訳にかけて読んでいるかもしれません。実際、普通の日本語の文章でも、簡潔に、そして主語がわかりやすいように修正して自動翻訳ツールにかけると、オフィシャルには使えないまでも、下書きといえるくらいの英語訳ができあがります。

簡潔な日本語、プレイン・ジャパニーズでの情報発信を心がけることで、あなたの活動や会社の製品への関心が高まり、ビジネスチャンスにつながる可能性も高まるのです。

また、あまり知られていないのですが、Word(Office365)にはプレイン・イングリッシュのガイドラインに沿った「スタイル設定」ができ、効率的にプレイン・イングリッシュによる文書を作成することができます。

世界中で自粛生活が長引いていることもあり、ネットワーク社会での情報量は増大する一方です。そうした環境下で、私たちはスピーディーに情報処理を行い、コミュニケーションをしなければなりません。ぜひ、情報発信の際にはプレイン・ジャパニーズ、プレイン・イングリッシュを意識してください。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • インフレが日本を救う
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT