菅官房長官「アビガン5月中に薬事承認したい」

緊急事態宣言解除は各地域の状況に応じ判断

菅義偉官房長官(右)は7日午前の会見で、5月末まで延長された緊急事態宣言の期間満了前の解除について、専門家に地域ごとの感染者数や医療提供動向などを分析してもらい、適切なタイミングで判断すると述べた。写真は4日の代表撮影。(2020年 ロイター)

[東京 7日 ロイター] - 菅義偉官房長官は7日午前の会見で、5月末まで延長された緊急事態宣言の期間満了前の解除について、専門家に地域ごとの感染者数や医療提供動向などを分析してもらい、適切なタイミングで判断すると述べた。具体的なスケジュールは決まっていないという。

同官房長官は、判断は地域ごとに毎週の最新データを踏まえて行うが、専門家が宣言解除可能であると判断すれば、それが特定都道府県であるかないかにかかわらず、満了前でも解除が可能だとの認識を示した。

抗体検査の活用についての議論もある中、「コロナの再感染について知見が十分でなく、再感染の事例も複数あることから、現在、国立感染症研究所などで分析中」として、実用化にはまだ時間がかかるとの認識を示した。

新型コロナウイルスの治療薬として米国で緊急使用が許可された「レムデシビル」に期待がかかるが、同長官は「日本でも今日、問題なければ速やかに承認したい」と述べた。

国内での必要量の確保が課題とされているが、菅官房長官はこれまでも製造企業と相談し、承認した際に必要量を確保できるよう、努力しているところだと述べるにとどめた。

また抗インフルエンザ薬アビガンについても「国内で3000例以上の臨床試験が行われ、今月中に薬事承認を行いたい」と述べた。

(中川泉)

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • コロナ後を生き抜く
  • 最強組織のつくり方
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「ニッポン半導体」敗北の真相
「ニッポン半導体」敗北の真相
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
勝ち組シニアと負け組シニア<br>定年格差

「45歳定年」発言に対し一部で猛反発。現実には法改正で70歳までの雇用確保が今春努力義務化されました。人生100年時代といわれる今、従来の定年はもはやなくなりつつあります。老後も働くシニアが第二の人生を勝ち抜くためにすべきことは何でしょうか。

東洋経済education×ICT