日本の「水輸出ビジネス」が苦戦するワケ

インドで展開する水プロジェクト<第3回>

 「インドで最悪の水環境」。そう呼ばれるのが、世界遺産タージマハルが建つ町アグラだ。世界で最も劣悪な水を飲まざるをえない130万市民。彼らの水環境改善のため、日本の支援で画期的なプロジェクトが始まっている。

 国が推進し、官民連携で海外進出が試みられる「水インフラ」の輸出。しかし実際には、多くの現場で順調に成果が上がっているとは言いがたい。実はアグラでの計画も例外ではない。プロジェクトを阻む問題とは何か。インド・アグラから、海外で展開する日本の水事業の姿に迫る。


※<第1回目>世界最悪の汚さ、インドの水道水を救えるか

<第2回目>インドの水道インフラは、なぜ崩壊したのか

苦戦する日の丸水道隊

外国で日本が進める水ビジネスは、軒並み厳しい状況にあるという。日本から海外に進出しているある水道事業会社の社員は、その話になるとやや口が重い。

「国がインフラ輸出を掲げている中で、『実際はぜんぜんダメでしょう、停滞しています』とは言えない」

彼らは民間事業者だが、国際援助でも、国が違っても、海外の水道事業への参入は容易ではないのが現状らしい。もちろん、インドも例に漏れない。

インドでは憲法上、水に関する事業は州政府の管轄とされている。ただし、中央政府は環境保護や都市開発の観点から、水事業の規制には関与する。水に関する権限は国と州、さらに現場で直接事業を行う地方自治体との間で重複し、水利関係の複雑さと不透明さから、水道事業は数あるインフラ事業の中で最も外部から参入しにくい分野だという。

おまけに、そこには時として、排他的な利権争奪戦を繰り返す、あの“ヘドロ”のような人々が待ち構える。

海外展開に必要なものとは

ガンジス川からの導水事業は大掛かりな工事が予想されるが、日本の技術レベルならそう難しいものではないという。しかしながら、行政機関との調整には、いまだ多くの時間を費やし、遅々として前に進まない。国内外の水事業に詳しいコンサルタントはこう指摘する。

「インドのほかのプロジェクトも同じ。東南アジアでも、どこでも苦労しています。事情が日本と違う海外の現場で、しっかりマネジメントできる人材が少ない。自治体からなんて、まったくいませんね」

次ページ役所の人間の問題点
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT