「国産連節バス」はダイムラーの牙城を崩せるか

いすゞと日野が共同開発、「シターロG」に挑む

横浜市交通局が導入した日野自動車のハイブリッド連節バス。6月に開業する市営バスの新路線「ベイサイド ブルー」で計4台を運行する(記者撮影)

2020年6月、横浜駅東口と赤レンガ倉庫、山下公園、元町・中華街など、横浜ベイエリアの人気観光スポットをつなぐ、新たな市営バス路線「ベイサイド ブルー」が開業する。観光客の回遊性向上を意図した新路線で、横浜市は年間約58万人の利用者を見込んでいる。 

東洋経済オンライン「自動車最前線」は、自動車にまつわるホットなニュースをタイムリーに配信! 記事一覧はこちら

使用する4台の車両は、いすゞ自動車と日野自動車が共同開発した初の国産〝連節バス〟だ。2台の車両をつなげた全長は18メートルもあり、一般的な大型路線バスの1.5倍に当たる最大113人が乗車できる。価格は1台・約8800万円(税抜き)と単車両型の3倍強。2月に横浜市交通局に引き渡され、運行開始に向けた運転手の訓練が始まっている。

いすゞと日野は2017年に大量輸送を目的とした連節バスの共同開発に着手。いすゞが車体・シャーシ、日野がエンジンとハイブリッドシステムを担当して商品化し、昨年に販売を開始した。横浜のベイサイド ブルーは、その記念すべき初の導入路線だ。

圧倒的シェア握る「シターロG」

国内の乗合バス事業者にとって、これまで連節バスは海外メーカー製の輸入車両しか選択肢がなかった。現在、国内で導入されている連節バス車両のほとんどは、世界的に有名なダイムラー傘下のエボバス社製のメルセデス・ベンツ「シターロG」だ。同社はドイツのマンハイム工場で毎年、約1000台もの連節バスを生産している。

京成バスは通勤客で混雑する千葉の幕張新都心線で「シターロG」を使用し、同車種を15台保有している。フロント下部分のダイムラーのマークが目印だ(記者撮影)

日本では2007年に初めて納入され、これまでの国内販売実績は61台。神奈川中央交通や京成バス(千葉)、西鉄バス(福岡)、岐阜バス、神姫バス(兵庫)、近江鉄道(滋賀)などが導入済みだ。同じダイムラー傘下の三菱ふそうトラック・バスが販売窓口となり、2019年は神奈川中央交通に8台、西鉄バス北九州にも4台を納入した。

そこに国内2大バスメーカーのいすゞと日野がタッグを組んでついに参入。日本の連節バス市場をめぐって、ダイムラーと国内勢の戦いが幕を切ったのである。

次ページ国内勢がようやく市場参入のなぜ?
自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 働き盛りでがんになった人たちの行動
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
正規と非正規「格差訴訟」<br>判断が分かれた最高裁判決

非正規労働者が年末年始の待遇や病気休暇などについて正社員との格差是正を訴え、最高裁は格差は不合理で違法とする判決を出しました。一方で賞与や退職金についての格差是正はほぼ全面的に退ける判決も。非正規労働者の待遇は改善するのでしょうか。

東洋経済education×ICT