三菱重工、客船事業で600億円特損計上へ

今期純利益予想は達成可能というが・・

3月24日、三菱重工業の野島龍彦常務は、客船事業による600億円の特別損失計上に伴う2014年3月期の業績への影響について、今期純利益予想1500億円は各事業でリスクが顕在化したとしても達成できるとの見方を示した。写真は同社の本社。2011年9月撮影(2014年 ロイター/Toru Hanai)

[東京 24日 ロイター] -三菱重工業<7011.T>は24日、2014年3月期に客船事業に関連して600億円程度の特別損失を計上すると発表した。世界大手のクルーズ客船会社、米カーニバルの欧州法人コスタ・グループ傘下のアイーダ・クルーズ向け大型客船2隻について、大幅な設計変更が発生しており、コストが当初より膨らむため。

ただ、同日夕に会見した三菱重の野島龍彦常務は、特損計上に伴う今期業績への影響について、純利益予想1500億円は各事業でリスクが顕在化したとしても達成できると想定して見積もった数字だとして、「若干下振れの懸念はあるが、1400─1500億円程度は成しうることができる」との見方を示した。

また、2月1日に日立製作所<6501.T>と統合した火力事業の新会社による持ち分法利益が想定より若干増加するほか、円安効果や税金などによる影響もあり、営業利益予想1900億円も変更はないとしている。

客船は11年11月に受注。国内建造の客船としては過去最大の12万4500総トン、約3300人乗りで、15年の引き渡しに向けて一番船(プロトタイプ)の建造を昨年6月から着手していた。

しかし、顧客の要望で当初から「仕様を高級化したことが影響」(鯨井洋一常務)し、ホテル部分の設計作業が膨大になり、大幅に設計変更していることなどにより設計費が増加、資材調達や建造工程などにも悪影響が及び、費用がかさんだという。

(白木真紀 編集:田中志保)

 

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 本当は怖い住宅購入
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
トレンドライブラリーAD
人気の動画
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
不祥事続く三菱電機、「言ったもん負け」の特異体質
不祥事続く三菱電機、「言ったもん負け」の特異体質
度数1%未満の「微アルコール」が広がる理由
度数1%未満の「微アルコール」が広がる理由
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
私大トップ校の次の戦略<br>早慶上理・MARCH・関関同立

受験生確保や偏差値で高い水準を誇る関東・関西のトップ私大13校。少子化や世界との競争といった課題に立ち向かうための「次の一手」とは。大きく揺れる受験動向や、偏差値や志願倍率と比べて就職のパフォーマンスが高い大学・学部なども検証します。

東洋経済education×ICT