子どもの習い事に「バレエ」を勧める4つの理由

姿勢や所作の美しさを身につけることが可能

(左)最近のレッスン風景。やっと憧れのトウシューズを履いています!(右)バレエを始めたばかりの頃の当時4歳の娘(写真:Domani)

お子さまの習い事、何をしていますか? これから習い事を考える方にもぜひおすすめしたい『バレエ』。 私なりのおすすめポイントをご紹介します。

習い事にバレエをおすすめする4つの理由!

理由⒈
まず姿勢や所作がとっても綺麗になる!

娘は3歳の頃からまず週1回で始めましたが、9歳になった今は週3回通っています。

当記事は、Domani(ドマーニ)公式ウェブサイトの提供記事です

姿勢がいいね、と学校の先生方や周りの人から褒められることが多く、いつも指先まで気を遣うよう指導してもらっているからか、動きもなんとなくきれいな気がします(親の目からは……)。

また、私の職場でも小さい頃バレエを習っていました、という同僚が何人かいますが、みな姿勢がよく所作がとってもきれいで上品。大人になってからはなかなかすぐ身につけられない姿勢や所作の美しさを身につけることができるのは大変いいと思います。

理由2.
教室での挨拶や礼儀作法に厳しいところが多いので、自然とお行儀よくなる!

毎回のレッスンではまず先生方へのご挨拶。おじぎの仕方などにも厳しく、ちゃんと出来ていないとお稽古を開始してもらえません。レッスン中はもちろん私語厳禁、言葉遣いなども注意が必要です。

また年に2回の発表会前には、都心にある本校で数多くの学校が合同レッスンを行うのですが、そのときに会う先生方生徒同士の挨拶、また行き帰りの電車の中での行動まで指導されます。娘はその教えを守り、電車やバス、公共交通機関の中ではとてもピシッとしております 笑。

次ページ違う学校のお友だちができる!
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 井手隊長のラーメン見聞録
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • トクを積む習慣
  • iPhoneの裏技
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
中国を知り尽くす異能の外交<br>官 垂秀夫 新中国大使

中国に幅広い人脈を持ち、アグレッシブな仕事ぶりで知られてきた垂秀夫・在中国大使。世界情勢が激動する中で国力差が開く日中関係をどう舵取りするのでしょうか。中国が最も恐れる男が日中関係のリアリズムを語ります。

東洋経済education×ICT