意外と知らない「ポイント3重取り」をする方法

使っている人だけがトクをしている

今回は「ポイントサイト」を経由して、ポイントを2重取り、3重取りする技を紹介します(写真:kou/PIXTA)

キャッシュレス決済を利用して、お得にポイントを貯める「ポイント活動」(ポイ活)。これまでの第1~3回の記事では、ポイ活の基本である「日頃の買い物やサービス利用時のポイントの貯め方・お得な使い方」について解説してきた。

今回は、ポイ活の次なるステップアップとして、「ポイントサイト」を経由して、ポイントの2重取り、3重取りをしていく技を紹介しよう。

ポイントサイトという言葉を初めて聞く人にとっては、未知の領域かもしれない。しかし、一度使ってみると、行動を変えずして、より多くのポイントを稼ぐことができる魅力的なサイトだということがわかる。使っている人だけが得しているのだ。今回は、ポイントサイトの基本の活用法をひも解いていこう。

ポイントサイトを経由してポイントの2重取り

ポイントサイトとは、会員登録したユーザーがそのサイトを経由して、ネット通販やクレジットカード契約などのサービスの利用や、広告を見ることでポイントを得ることができるサービスのこと。

例えば、ポイントサイトを経由して楽天市場で買い物をすると、楽天市場の楽天スーパーポイントが貯まる以外に、経由したポイントサイトのポイントも貯められる。つまり、ひと手間かけることで、2種類のポイントが得られるのだ。

ポイントサイトの仕組みは、図のとおり、広告主がポイントサイトに掲載してもらうための広告費を支払い、その一部がユーザーにポイントとして還元される。あくまでポイントは広告費の一部から還元されるため、ユーザーがポイントサイト側へ会員登録料を支払う必要はない。

広告主は、ポイントサイトを通じてユーザーにサービスを宣伝することができる
次ページポイントの利用手順は…
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 働き盛りでがんになった人たちの行動
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「満足度No.1」は本当か<br>英語コーチング広告で紛糾

近年急拡大し伸び盛りの英語コーチング業界が広告・宣伝のあり方をめぐって真っ二つに割れています。大手プログリットの広告に対し、同業他社が猛反発。根拠薄弱な宣伝文句が飛び交う、ネット広告の構造問題に迫ります。

東洋経済education×ICT