新型肺炎が「世界の自動車産業」に及ぼすリスク

多く拠点を構える部品メーカーに与える懸念

生産を停止した安徽省合肥市にある地場の自動車工場(筆者撮影)

中国湖北省・武漢に端を発する新型肺炎の影響が広がるなか、現地の日系自動車工場の再稼働期が2月下旬までずれ込み、広州・天津に立地する日系自動車工場の操業再開も2月17日以降に遅れるようだ。

東洋経済オンライン「自動車最前線」は、自動車にまつわるホットなニュースをタイムリーに配信! 記事一覧はこちら

また、中国から部品調達の寸断を背景に、日産の北九州工場、現代自動車やルノーサムソンの韓国工場、フィアット・クライスラー・オートモービルズ(FCA)の欧州工場の一次生産停止も報道された。新型肺炎の影響は中国国内にとどまらず、世界の自動車生産に波及し始めた。

中国自動車市場の拡大とともに、日米欧大手自動車部品メーカーが中国生産を強化してきた結果、中国はグローバルサプライチェーンの一翼を担っており、中国からの部品供給が滞ると、日本国内生産にも代替生産地の模索等の影響が生じるだろう。

今や中国は「世界の自動車部品工場」

2020年2月12日時点、中国本土の患者が4万4000人、死亡者1100人超、感染者の濃厚接触者40万人(健康観察中)と国家衛生健康委員会が発表した。多くの都市では2月10日から企業の事業再開が許可されたものの、事業再開後の安全確保への不安、従業員の感染リスクへの恐れから、企業の生産活動が大幅に縮小せざるをえないだろう。

都市間の交通規制によりワーカー不足と物流分断に頭を悩ませるメーカーは少なからず、操業再開しても低い稼働率がしばらく続く見通しだ。新型肺炎による自動車メーカーの操業再開の遅れが、中国の自動車生産に影響を与える一方、部品生産の一時期中止やサプライチェーンの寸断として、日本を含む世界の自動車産業にも波及することが予想される。

封鎖されたPSAの武漢工場(筆者撮影)

中国の新車市場の拡大に伴い、自動車部品の生産は急速に増加している。中国は海外市場にも自動車部品の供給を図り、「世界の自動車部品工場」の地位を確実なものにしつつある。現在、外資系部品メーカーは中国で多拠点を設け、現地生産や研究開発を行っている。

また、高品質部品を求める地場自動車メーカーの増加に伴い、系列を超える部品供給の強化などの動きもみられている。とくに大手欧米系部品メーカーが中国拠点のグローバル生産・輸出拠点化をしようとする動きが強まっている。

次ページ自動車部品世界1位のボッシュへの影響
自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナの明るい社会保障改革
  • コロナ後を生き抜く
  • 今日も香港から
  • ドラの視点
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スペシャルインタビュー<br>元ラグビー日本代表・畠山健介

今年から米メジャーリーグ・ラグビーのチームに所属、華やかな選手生活とは裏腹に幾多の葛藤を乗り越えてきた畠山選手。「ラグビーファンの拡大には、リーグのプロ化が不可欠だ」。新天地にいる今だから見えてきた日本ラグビー改革論を熱く語ります。