提出物の期限を破ると昇格・昇級に悪影響の訳

上司は大目に見ても、人事は厳しく処理する

どんなに業績を上げていても、社内の提出物をおろそかにすると、なぜ問題になってしまうのでしょうか(写真:makaron*/PIXTA) 
人事コンサルタントとして、1万人以上のビジネスパーソンの昇格面接や管理職研修を行い、300社以上の企業の評価・給与・育成などの人事全般に携わってきた西尾太氏による連載。エンターテインメントコンテンツのポータルサイト「アルファポリス」とのコラボにより一部をお届けする。

業績を上げているのに評価されない、給与が上がらない、昇進できない、そんな不満や悩みがある場合、自分では気がつかない原因があるものです。

その1つとして考えられるのが、「提出物」です。

アルファポリスビジネス(運営:アルファポリス)の提供記事です

交通費や経費の精算、業務報告書、決裁書、請求書、タイムシート、年末調整申請書、自己申告制度のアンケートなど、会社にはさまざまな提出物があります。

「業績」と「提出物」、あなたはどちらが重要だと思いますか?

おそらく「業績」と考える人が大多数でしょう。本来の業務で多忙な日々を過ごす中で、交通費を精算したり、報告書を作成したり、すぐに必要とは思えないアンケートに記入したりするのは、面倒なだけの雑務に思えるかもしれません。

しかし、正解は「どちらも重要」です。業績を上げることと同じように、必要書類をきちんと提出することも、会社員にとってはとても重要なのです。もし、以下の傾向があるのなら要注意です。

 ・提出物の期限を守らない
 ・何度も催促されないと提出しない
 ・書類にいつも不備がある

書類の提出を催促したり、領収書と金額や日付が違うなどの記入ミスを指摘して再提出を求めたりすると「こっちは忙しいんだよ!」「業績上げているんだから、いいだろう!」と逆ギレする人もいますが、これは最悪な態度といっていいでしょう。

なぜならこういう考え方と態度では、業績を上げても、人事からの評価は下がり、給与も上がらず、昇進もできなくなってしまうからです。場合によっては、退職勧奨されるかもしれません。

上司は許しても、人事は役員に相談する

提出物の期限を破る。何度言っても提出しない。提出しても間違いだらけ……。

こうした社員がいた場合、人事はまずその部署の部長に相談します。ただ直属の上司は「だけど業績上げているからなぁ」「大目に見てよ」とかばうケースが多いので、そういう場合、人事は役員に相談します。役員の反応も鈍い場合は、社長にも報告します。

嫌な奴と思われるかもしれませんが、人事としては仕方がないことなのです。なぜ人事がそこまで必死になるのか、不思議に思う人もいるかもしれません。それは、会社のルールを破り、ほかの社員に迷惑をかけているからです。

次ページ他部署からブーイングも
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • コロナショックの大波紋
  • コロナショック、企業の針路
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激震! コロナ危機<br>総力特集 土壇場の世界経済

欧米での爆発的な感染拡大により、リーマンショック以上の経済悪化が濃厚です。「自宅待機令」下の米国現地ルポに各国の政策対応、トヨタも国内工場停止に至った自動車産業、ほぼ半値へと急下降したREIT市場など徹底取材。