老舗和菓子店の「あめ」が変貌、斬新なデザインで大当たり


 1857年創業、「金鍔(きんつば)」など伝統的な和菓子店で知られる榮太樓(えいたろう)總本鋪。その老舗が伊勢丹新宿店で展開するあめ専門店「あめや えいたろう」が人気だ。これまでにはない斬新なデザインが目を引く。今年3月のホワイトデーに発売したリップグロスをかたどった液状の「スイートリップ」は発売1カ月であめとしては異例の5万個を販売。その後も、1日200~300個のペースで売れている。

きっかけは伊勢丹新宿店の食品フロアの改装。ファッション性を重視した改装が進む中で、もともと出店していた榮太樓でも、若い女性が集まる業態への転換が迫られた。そこで着目したのが他の和菓子店では取り扱いのなかった「あめ」。デザイナーなど女性2人が中心となり、「老舗の重みにとらわれず、見せ方に徹底的にこだわった」(大場美貴・商品企画部あめや えいたろう推進課長)。内装もカラフルなあめが引き立つ白に統一し2007年2月に新店舗が誕生した。

あまりの変貌ぶりに社内には懐疑的な声もあったが売上高は、毎年2割増ペースで成長。「ほかの和菓子店が前年割れの中、驚異的な数字。他店舗からの出店要請もひっきりなしだ」と伊勢丹の食品営業部和菓子担当バイヤー、松永朗氏も驚く。手作業の行程が多いため当面は新宿店のみの展開となるが、老舗の新定番となるか注目だ。

(麻田真衣 =週刊東洋経済)

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 岐路に立つ日本の財政
  • CSR企業総覧
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
飲食業界、失敗する店と成功する店の決定的な差
飲食業界、失敗する店と成功する店の決定的な差
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT