他人の不倫に大騒ぎする日本人への冷めた目線

もちろんけしからんが謝るべき相手は誰か

そんなふうに、仕事に直接影響をもたらさないとわかっていても、彼らも人間である以上、書かれたくないことを書かれるのは、つらいものだ。その状況を乗り切るための1番の方法は、そういった記事を見ない、聞かないこと。それらについてのコメントもしない。

彼らが雇うパブリシストにも、不倫問題などが浮上したときにマスコミから問い合わせがあっても「プライベートはいっさい語りません」で通すか、あるいは完全に無視してもらう。しかし、本人が胸の内を明かしたい、傷つけた配偶者に対して公に謝罪したいというのならば、別だ。

2017年に奥さん以外の女性と関係をもったことが発覚したケビン・ハートは、まさにそうだった。報道が出た当初こそ認めなかったものの、それからまもなく彼は妻と息子に向けての謝罪文をインスタグラムに投稿。その後のラジオ出演でも「あれは本当に無責任で、自分は最高に愚かだった。それがどんな状況であったにしろ、悪いのは自分だ」と語っている(関係をもった女性はその様子を動画で撮影しており、ゆするつもりだったと言われている)。先月、Netflixで配信がスタートしたドキュメンタリーでも、彼はその出来事に触れた。

不倫は社会に影響与える問題ではない

アーノルド・シュワルツェネッガーやデミ・ムーアは、自伝本で過去の不倫を告白し、ざんげしている。人生を振り返る機会を得た彼らは、暗い部分についても向き合い、すっきりしようと思ったのかもしれない。それはあくまで彼らが自分で決めたこと。やらないならやらないでよかったことだ。聞く側にしても、本人が言いたいなら耳を傾けるし、言いたくないなら聞かないでいい。そもそも、社会的に影響を与える問題ではないのだ。

もちろん、視聴者には、不倫はけしからん、あいつの番組は見ないという権利がある。だが、そう言われるからと、本当はやりたい仕事をわざわざ「自粛」する必要はないのではないか。実際、不倫はけしからんことだ。しかし、謝るべき相手は視聴者ではない。プライベートで間違いを犯した当事者には、あくまでプライベートな形で反省してもらえばいいのではないかと、この手の報道を見るたびに、ふと考えてしまう。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • フランスから日本を語る
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • この新車、買うならどのグレード?
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
人気の動画
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT