過干渉な毒親から逃げ出した30代男の最終手段

高額なカウンセリングには実効性がなかった

過干渉の親から彼が受けた仕打ちとは?(筆者撮影)
毒親――。過干渉で子どもを支配したがる親、またはネグレクト(育児放棄)する親のことを一般的にそう言う。スーザン・フォワード著の『毒になる親一生苦しむ子供』(講談社)や田房永子著の『母がしんどい』(KADOKAWA/中経出版)のヒットにより、毒親の認知は広まった。毒親育ちの人は生きづらさを感じているケースが多い。今回は、そんな毒親と一緒に生活していた30代の男性が、毒親から逃げた体験談のルポをお届けする。

家にはいくつもの防犯カメラが

キャリーケースに服の買い物袋という大荷物で待ち合わせ場所に現れた笠原義之さん(30代・男性・仮名)。都心から少し離れた場所に住んでいるため、この日は1泊で都内に買い物にやってきたそうで、取材に協力してくれた。現在、笠原さんは、一人暮らしをしながら福祉施設で働いている。

笠原さんの父親は大企業を経営する社長。その父親からの過干渉と暴力を受け続け、典型的な毒親家庭で育った。豪邸である家にはいくつも防犯カメラがついていた。これはセキュリティーのためだけでなく、笠原さんが勝手に家を抜け出さないために監視するためでもあった。

また、特殊な家庭で、家にはつねに会社の関係者がおり、父親は会社関係者にも彼が勝手に家を抜け出さないよう指示していた。

「小学生の頃、学校のとある行事で近所の体育館を貸してもらいました。そのお礼の手紙を書きましょうと担任に提案され、その学校の生徒宛に手紙を書きました。すると後日、女の子の名前の差出人で自宅の郵便受けに返信が届きました。厳格な父は『なぜ女の子から手紙が届くのだ!?』と激怒し、封も開けずビリビリに破かれてしまいました。

ほかにも、高校生カップルを見かけては『あんな恥晒しをして』みたいなことを言っていたので、恋愛=悪のような考えが植え付けられている気がします。もう30代ですが、いまだに女性とお付き合いをしたことがないです」

次ページ後ろを振り返っただけで殴られた
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 不妊治療のリアル
  • 奨学金借りたら人生こうなった
  • ベテラン車両の肖像
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT