ビットコイン取引所の経営者が不審死

自殺?他殺?シンガポールで米国人経営者が死亡

3月6日、シンガポールの警察当局は、ビットコインなど仮想通貨の取引所を経営する米国人女性が死亡した件で、死因に不自然な点があるとして捜査を開始したことを明らかにした。米ユタ州で1月撮影(2014年 ロイター/Jim Urquhart)

[シンガポール 6日 ロイター] - シンガポールの警察当局は6日、ビットコインなど仮想通貨の取引所を経営する米国人女性が死亡した件で、死因に不自然な点があるとして捜査を開始したことを明らかにした。

警察の広報担当者は5日、ラドキーさんの死に不自然な点があり、捜査を開始したと発表したが、「初期捜査では犯罪行為の証拠はなく」、自殺とみられている。

死亡したのは仮想通貨取引所「ファーストメタ」の最高経営責任者(CEO)で、米国人のオータム・ラドキーさん(28)。ラドキーさんは先月26日、シンガポールの自宅で死亡した状態で発見された。

友人や同僚によると、仕事やプライベートで悩みを抱えていたという。

ファーストメタは仮想通貨の取引所を運営しており、昨年はビットコインと米ドルの交換も行っていたが、現在は取引を停止しているという。

 

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 本当は怖い住宅購入
  • 財新
  • 最新の週刊東洋経済
  • 360°カメラで巡る東京23区の名建築
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
北朝鮮が「新戦略兵器」?<br>強硬姿勢アピールの舞台裏

昨年末「新たな戦略兵器」との発言が報じられた金正恩委員長。強硬路線を取るとみられたものの、報告内容をよく読むと「自力更生」と経済の重視に力点があります。北朝鮮、米国、韓国、日本それぞれの立ち位置を考察します。