アマゾンで「売れているビジネス書」ランキング

「FACTFULNESS」が、5ヵ月ぶりに1位を獲得!

ハンス・ロスリング『FACTFULNESS』が久々の1位となりました(写真:Dragon Images / PIXTA)

アマゾンの協力のもと、毎週配信している週間(日曜日から土曜日まで)アマゾン「ビジネス・経済書」ランキング。本記事でお届けするのは、12月15日~21日のランキングだ。

なお、「前週順位」については前週に発売されて初登場する書籍については「NEW」と記載、前週順位が1000位以下だった場合には「-」と記載している。

『FACTFULNESS』が、5ヵ月ぶり1位に

今週(12月15日~21日)のランキングでは、前週6位の『FACTFULNESS(ファクトフルネス) 10の思い込みを乗り越え、データを基に世界を正しく見る習慣』(ハンス・ロスリング著、日経BP)が1位に輝いた。中田敦彦氏のYoutubeチャンネルによる紹介が影響しているという。

『FACTFULNESS』(書影をクリックすると、アマゾンのページにジャンプします)

2位には、先週1位の『1兆ドルコーチ シリコンバレーのレジェンド ビル・キャンベルの成功の教え』(エリック・シュミット著、ダイヤモンド社)がランクインした。アマゾンによると、Yahooニュース掲載が影響しているという。

3位は、前週10位だった『世界標準の経営理論』(入山章栄著、ダイヤモンド社)だった。毎日安定して注文が集まっており、アマゾンによると、日経新聞掲載が影響しているという。

前週130位から29位にランクアップしたのが、『2025年、人は「買い物」をしなくなる』(望月智之著、クロスメディア・パブリッシング)だ。アマゾンによると、日経新聞掲載が影響しているという。

次ページ以降、200位までのランキングを紹介する。「次に読む1冊」を探すための参考にしてほしい。

次ページまずは1位~50位!
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 日本資本主義の父 渋沢栄一とは何者か
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
大乱世の思想ガイド<br>マルクスvs.ケインズ

戦後社会の信念とイデオロギーが崩れ落ちる今、危機を乗り越えるための思想が必要です。脱経済成長を旗印に支持を広げる新マルクス主義とコロナ禍で完全復活したケインズ主義を軸に、大思想家が残した知恵を学び直します。

東洋経済education×ICT