アマゾンで「売れているビジネス書」ランキング

シュミットの「1兆ドルコーチ」が連続で1位に

シュミット「1兆ドルコーチ」が連続で1位となりました(写真:Syda Productions/PIXTA)

アマゾンの協力のもと、毎週配信している週間(日曜日から土曜日まで)アマゾン「ビジネス・経済書」ランキング。本記事でお届けするのは、12月8日~14日のランキングだ。

なお、「前週順位」については前週に発売されて初登場する書籍については「NEW」と記載、前週順位が1000位以下だった場合には「-」と記載している。

シュミット『1兆ドルコーチ』が連続1位に

今週(12月8日~14日)のランキングでは、前週も1位だった『1兆ドルコーチ シリコンバレーのレジェンド ビル・キャンベルの成功の教え』(エリック・シュミット著、ダイヤモンド社)が引き続き1位に輝いた。毎日安定して注文が集まっているという。

『1兆ドルコーチ』(書影をクリックすると、アマゾンのサイトにジャンプします)

2位には、『言語化力 (言葉にできれば人生は変わる)』(三浦崇宏著、SBクリエイティブ)がランクインした。アマゾンによると、予約が開始されたことと、特定カスタマーによるまとめ買いが影響しているという。

3位は、前週も3位だった『さあ、才能(じぶん)に目覚めよう 新版 ストレングス・ファインダー2.0』(トム・ラス著、日本経済新聞出版社)だった。毎日安定して注文が集まっており、アマゾンによると、特定カスタマーによるまとめ買いも影響しているという。

前週ランク外から7位にランクインしたのが、『マンガ 死ぬこと以外かすり傷 (NewsPicks Comic)』(箕輪厚介著、幻冬舎コミックス)だ。アマゾンによると、予約が開始されたことと、特定カスタマーによるまとめ買いが影響しているという。

次ページ以降、200位までのランキングを紹介する。「次に読む1冊」を探すための参考にしてほしい。

次ページまずは1位~50位!
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • 財新
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
大手不動産がこぞって参戦<br>「シェアオフィス」ブームの内実

テレワークや働き方改革の浸透で存在感を高めているのが「シェアオフィス」です。大手から中小まで多数の参入が相次いでいますが、目的はさまざま。通常のオフィス賃貸と比べた収益性も事業者で濃淡があり、工夫が必要です。