岡田圭右「スベリ芸」で売れた異色の芸能人生

2代目M-1チャンピオンの実力は伊達じゃない

岡田にスベリ芸のイメージがついたのは、ある程度は戦略的なものだ。ますだおかだの漫才では、小柄で仏頂面の増田英彦が冷静な口調で淡々とボケを重ねていく。それに対して、背が高く濃い顔の岡田が体を動かしながら派手にツッコミをいれる。その対比を強調させるために、岡田には漫才の中で「スベリ芸人」というキャラクターが与えられた。

2002年に「M-1グランプリ」で優勝を果たしたますだおかだ(写真:AFLO)

彼らの漫才の中には、岡田がギャグを披露してスベり、それを増田が冷たく見つめるというくだりがあった。これによって岡田は「スベっている人」と思われ始めた。

2002年にますだおかだは「M-1グランプリ」で優勝を果たした。そこから一気に全国ネットのバラエティー番組での仕事も急増した。そこでは、共演者も観客も彼らを「M-1チャンピオン」という目で見てくる。その期待に何とか応えるべく、岡田は今まで以上に大振りをして派手にボケ倒した。そして、今まで以上の大怪我をしてスベることを繰り返した。

「M-1王者」という立派な肩書があるだけに、その落差があまりにも強烈だった。こうして岡田にはいつのまにか「スベリ芸人」というイメージが定着した。

でも、それは必ずしも悪いことではなかった。岡田のスベリ芸は「面白くない」などとネガティブに捉えられることはなく、「明るい」とか「楽しそう」というふうにポジティブに解釈された。

バラエティー番組の現場では、個々のボケを命中させて笑いを取ることも大事だが、現場の空気を和ませることも同じくらい重要だ。その点、岡田には天性の明るさと前向きさがあった。その才能はのちにMCを務めるときにも生かされることになった。

岡田自身はつねにフルスイング

岡田は自身の芸風について「スベっているつもりはない」と言っている。自ら意図的にスベろうとしているわけではなく、面白いと思ってやっていることが結果的にスベっているだけだというのだ。確かにこれはこれで本音ではあるのだと思う。

あらかじめスベろうと思って何かを言うと、どうしてもあざとく見えてしまう。プロの芸人は決してそのスキを見逃さないだろう。スベリ芸は生半可な覚悟では務まらない。毎回、崖から飛び降りるような気持ちで渾身のギャグを放つからこそ、それが空振りしたときにスベリ芸が成立する。大きな声と明るい笑顔だけを頼りに、岡田は全打席フルスイングを貫いているのだ。

ニホンモニター発表の『2019タレント番組出演本数ランキング』で岡田は15位にランクイン。「クイズ!脳ベルSHOW」で出演本数を稼いでいるのが主な理由だが、現場で流した汗の量ではほかの上位タレントにも負けていない。再婚したばかりでプライベートも充実している岡田は、これからますますスベリ芸に磨きをかけていくだろう。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 角田陽一郎のMovingStudies
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT