ライバルはiPhone--ゲームに構造変化の波



 そもそも携帯電話向けなどネットワークゲームの成長を促すような動きは、収益源のパッケージソフト販売を自ら減らすことになりかねない。急成長する勢力に対し、どう対応するか手探りの状態といえる。

パッケージ依存の終焉 問われるのは展開力

これに対して、新たな手法で先手を打ったのが中堅のハドソン。「ボンバーマン」など27タイトルをアイフォーン向けに配信しているが、初のオリジナルゲームとして1年がかりで開発した「エレメンタルモンスターTD」がユーザーから高評価を得ている。余勢を駆って、このゲームコンセプトを踏襲したパソコン向けオンラインゲームを開発(11月末にサービス開始予定)。PSP向けも10月末に配信する。「アイフォーンで人気化すれば、タイトルの知名度が一気に上がる。となれば、他のネットワークゲームなどへの展開につなげることができる」(ハドソンの柴田真人・新規事業本部長)。

エンターブレインの浜村弘一社長は「パッケージソフトだけを売るという時代は終わった。これからはプロデュース能力が勝敗を分けるだろう」と分析する。音楽CDの歴史が物語るように、ゲームもパッケージの市場に頭打ち感があるのは事実。他社のネットワークゲームと自社パッケージソフトとの連携など、トータルでビジネスを進めていく力が今後問われることになる。


(梅咲恵司、勝木奈美子 撮影:尾形文繁 =週刊東洋経済)
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 御社のオタクを紹介してください
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ビジネスに効く<br>最強の健康法

現代人の大きな悩みである健康。多忙なビジネスパーソンのため、すぐに実践でき即効性がある健康法を厳選。糖質制限簡易版に加え「ゾンビ体操」「これだけ体操」を大きなイラスト入りで紹介。健康経営、健康ビジネスに踏み出す企業も満載。