遊覧飛行とSL体験、一石二鳥ツアー誕生の裏側 成功の鍵は「空港民営化」にあった

拡大
縮小
3社共同ツアーの遊覧フライト。機内の雰囲気も通常のフライトとは異なりアットホーム。御前崎〜富士五湖手前上空を往復し、左右の乗客が同じ景色を見られるよう配慮している(筆者撮影)

「わあ、富士山!ほら、すぐそこ!」――。機内のあちこちから歓声が上がった。子供、年配、お父さんお母さん。さまざまな年代の人が、窓の下を食い入るように見つめている。右側の窓、主翼のすぐ下に、雪をかぶった富士山が手に届きそうなところに迫っている。高度は5000mくらいだろう。

「ただいま飛行機は富士山の頂上の、少し上を飛んでおります」

機内には、コックピットからのアナウンスが流れている。ガイドをしているのは、フジドリームエアラインズ(FDA)の藤田智彦機長だ。

FDAと大井川鉄道のコラボ

10月26日7時50分、FDA3776便富士山遊覧フライト。7時30分に富士山静岡空港を出発した同機は、駿河湾に出て海岸沿いを東進、富士宮市上空を北上している。機材は同社の6番機、エンブラエルERJ-175パープル。スタッフを含め、満席の84人が搭乗している。

「左側のお客様、お待たせいたしました」

富士五湖が見えてきたところでUターン。今度は左側の窓に、富士山と山中湖、そして芦ノ湖が広がった。

「当機はこれより右旋回しまして、右側のお客様から、由比、興津、清水港と三保の松原、そして日本平、久能山とご覧いただきます」

日本平が、朝日を浴びて美しい。清水港には地球深部探査船「ちきゅう」の姿が見え、明治時代に東海道本線が通っていた大崩海岸も、地名どおりの険しい地形を観察できた。

御前崎の手前で旋回し、今度は左側の人々に駿河湾沿岸の風景をたっぷり見せたFDA3776便は、8時20分、約50分の遊覧フライトを終え富士山静岡空港に着陸した。

早朝の遊覧フライトを楽しんだ約80名の参加者たちは、続いてバス2台に乗り込み、大井川沿いを北上。目指すは、大井川鉄道井川線の秘境駅、奥大井湖上である。

これは、フジドリームエアラインズと富士山静岡空港、そして大井川鉄道の3社がコラボレーションしたツアーの一行だ。朝の遊覧フライトを楽しんだ後、バスで奥大井湖上駅を訪問。井川線の列車に乗車し、最後はSL列車の旅を楽しむ。

次ページコラボツアーの内容は?
関連記事
トピックボードAD
鉄道最前線の人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
「イトーヨーカドー幕張店」激戦区の大改装に差した光明
「イトーヨーカドー幕張店」激戦区の大改装に差した光明
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT