「デコクロ」がじわりと人気、安価な服を自分でアレンジ

ユニクロなどの服をデコレーションして、自分だけの“一点モノ”に仕上げる--。ベーシックな服にワッペンやテープなどの素材を独自に加える「デコクロ」の人気がじわりと広がっている。ネット上では「デコクロ部」というサイトも話題になっている。

ユニクロの商品が多く使われるが、無印良品やしまむらなども人気だ。共通点は高品質でありながら、安価なこと。手芸専門店チェーン、藤久の伊藤伸一郎取締役商品部長は「量販店で扱う商品の質と値段があってこそ始まったブーム」と話す。1~2年前のブーム初期は、節約志向が背景にあった。ところが500~600円のTシャツでも、素材を増やしてデコレーションすると結局、普通のTシャツ並みの値段がかかってしまう。最近はトータルのコストよりも、独自性や手作り感が大事にされているという。

藤久の場合、自社店舗の客層は40~50歳代の主婦が多いが、デコクロ用に素材を買い求める客は20~30歳代の主婦が主体。ただ、そうした若い主婦は自分で着るのではなく、子ども用に作ることが多い。自分の服にはやや抵抗感が残っても、子ども用なら自由自在に挑戦できるのかもしれない。手芸業界は「若い人が手芸に興味を持ってくれるきっかけになればうれしい」(伊藤氏)と期待を寄せている。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「ニッポン半導体」敗北の真相
「ニッポン半導体」敗北の真相
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
勝ち組シニアと負け組シニア<br>定年格差

「45歳定年」発言に対し一部で猛反発。現実には法改正で70歳までの雇用確保が今春努力義務化されました。人生100年時代といわれる今、従来の定年はもはやなくなりつつあります。老後も働くシニアが第二の人生を勝ち抜くためにすべきことは何でしょうか。

東洋経済education×ICT