「デコクロ」がじわりと人気、安価な服を自分でアレンジ

ユニクロなどの服をデコレーションして、自分だけの“一点モノ”に仕上げる--。ベーシックな服にワッペンやテープなどの素材を独自に加える「デコクロ」の人気がじわりと広がっている。ネット上では「デコクロ部」というサイトも話題になっている。

ユニクロの商品が多く使われるが、無印良品やしまむらなども人気だ。共通点は高品質でありながら、安価なこと。手芸専門店チェーン、藤久の伊藤伸一郎取締役商品部長は「量販店で扱う商品の質と値段があってこそ始まったブーム」と話す。1~2年前のブーム初期は、節約志向が背景にあった。ところが500~600円のTシャツでも、素材を増やしてデコレーションすると結局、普通のTシャツ並みの値段がかかってしまう。最近はトータルのコストよりも、独自性や手作り感が大事にされているという。

藤久の場合、自社店舗の客層は40~50歳代の主婦が多いが、デコクロ用に素材を買い求める客は20~30歳代の主婦が主体。ただ、そうした若い主婦は自分で着るのではなく、子ども用に作ることが多い。自分の服にはやや抵抗感が残っても、子ども用なら自由自在に挑戦できるのかもしれない。手芸業界は「若い人が手芸に興味を持ってくれるきっかけになればうれしい」(伊藤氏)と期待を寄せている。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 就職四季報プラスワン
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 今見るべきネット配信番組
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地銀 最終局面<br>首相が追い込む崖っぷち

遅々として進まなかった地銀再編。しかし菅義偉首相は明確に踏み込みました。全国の地銀はどう動くのか、現状を徹底取材。今後起こりうる地銀再編を大胆予測。さらにビジネスモデルや行員の働き方にも注目し、地銀が生き残る道について探りました。

東洋経済education×ICT