「デコクロ」がじわりと人気、安価な服を自分でアレンジ

ユニクロなどの服をデコレーションして、自分だけの“一点モノ”に仕上げる--。ベーシックな服にワッペンやテープなどの素材を独自に加える「デコクロ」の人気がじわりと広がっている。ネット上では「デコクロ部」というサイトも話題になっている。

ユニクロの商品が多く使われるが、無印良品やしまむらなども人気だ。共通点は高品質でありながら、安価なこと。手芸専門店チェーン、藤久の伊藤伸一郎取締役商品部長は「量販店で扱う商品の質と値段があってこそ始まったブーム」と話す。1~2年前のブーム初期は、節約志向が背景にあった。ところが500~600円のTシャツでも、素材を増やしてデコレーションすると結局、普通のTシャツ並みの値段がかかってしまう。最近はトータルのコストよりも、独自性や手作り感が大事にされているという。

藤久の場合、自社店舗の客層は40~50歳代の主婦が多いが、デコクロ用に素材を買い求める客は20~30歳代の主婦が主体。ただ、そうした若い主婦は自分で着るのではなく、子ども用に作ることが多い。自分の服にはやや抵抗感が残っても、子ども用なら自由自在に挑戦できるのかもしれない。手芸業界は「若い人が手芸に興味を持ってくれるきっかけになればうれしい」(伊藤氏)と期待を寄せている。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 就職四季報プラスワン
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 若者のための経済学
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
人生100年時代の稼ぐ力<br>副業・資格で定年後も長く働こう

人員削減や年金不足問題など、将来収入への不安は募るばかり。会社に依存するのではなく、副業や資格を持つことで長く働くすべを身に付けよう。需要がグンと高まる資格、60代からでも食える仕事など、実践的な情報を満載。