ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由

古い常識にとらわれない価値観が単価を上げる

売れないと悩む前に、まずは「売り上げの正体」を知ろう(写真:gontabunta/PIXTA)
インターネット通販の売り上げをどうすれば上げられるのか。どんな商品が売れるのか。楽天のECサイト「楽天市場」の元プロデューサーで、『4000万人の購買データからわかった! 売れない時代にすぐ売る技術』の著者、大原昌人氏が解説する。

楽天市場のプロデューサーを務めていた頃は、「4000万人の購買データ」を利用していました。

リアルタイムで4000万人がショッピングをする場など、現実世界ではありえません。日本最大級のショッピングモールであるイオンレイクタウンでさえ、来場者数は年間約5000万人、1日当たり13万~14万人にとどまります。集客力に定評のある東京ディズニーリゾートも、来場者数は年間3000万人強にすぎません。

そんなケタ違いの「お化けデータ」は、私に多くの真実を教えてくれました。ひとつは「売り上げの正体」です。

売り上げ=訪問数×転換率(コンバージョン)×客単価

ネットでもリアルでも、すべての売り上げはこの公式に集約されます。つまり、売り上げを上げたければこの3つのどれかを改善すればいいわけです。今回は「客単価」についての売り上げを伸ばすヒントをお伝えしたいと思います。

ネットではいい意味で「客単価が狂う」

4000万人の購買データを見続けて興味深かった発見は、同じ人間でも、ネット上と現実世界とでは行動パターンが異なるということです。ネット上では、いい意味で〝客単価が狂う〟ことがあります。どういうことかというと、リアル店舗ではまず売れないような高値でモノが売れることがあるのです。それに加えて、ネット上では旧来の思い込みや常識をくつがえすような事態もたびたび起こります。絶対に売れないと思われていたモノが爆発的に売れたりするのです。

そんなネットならではの現象を体現して売れまくっているのが「生卵」です。生卵がネットで売れるとは、最初は誰も思いませんでした。楽天社内の人でさえ、楽天市場で生卵を初めて売ることになったときは「絶対に売れないよ」と断言していました。割れやすい、配送しにくい、単価が安い、生ものであるなど、いかにも売れなさそうな条件が揃っていたからです。

次ページスーパーですぐに買えるはずなのに?
関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 「合法薬物依存」の深い闇
  • 井手隊長のラーメン見聞録
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ニセコ 熱狂リゾートの実像<br>開発に翻弄される小さな北の町

「パウダースノー」を求め、北海道のニセコに殺到する外国人客。その数は住民約2万人の14倍にも及びます。観光ばかりでなく、別荘が建ち不動産投資も活発化しましたが、地価高騰やインフラ整備負担による財政圧迫の問題も出ています。活況と苦悩の両面に迫りました。