ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由

古い常識にとらわれない価値観が単価を上げる

売れないと悩む前に、まずは「売り上げの正体」を知ろう(写真:gontabunta/PIXTA)
インターネット通販の売り上げをどうすれば上げられるのか。どんな商品が売れるのか。楽天のECサイト「楽天市場」の元プロデューサーで、『4000万人の購買データからわかった! 売れない時代にすぐ売る技術』の著者、大原昌人氏が解説する。

楽天市場のプロデューサーを務めていた頃は、「4000万人の購買データ」を利用していました。

リアルタイムで4000万人がショッピングをする場など、現実世界ではありえません。日本最大級のショッピングモールであるイオンレイクタウンでさえ、来場者数は年間約5000万人、1日当たり13万~14万人にとどまります。集客力に定評のある東京ディズニーリゾートも、来場者数は年間3000万人強にすぎません。

そんなケタ違いの「お化けデータ」は、私に多くの真実を教えてくれました。ひとつは「売り上げの正体」です。

売り上げ=訪問数×転換率(コンバージョン)×客単価

ネットでもリアルでも、すべての売り上げはこの公式に集約されます。つまり、売り上げを上げたければこの3つのどれかを改善すればいいわけです。今回は「客単価」についての売り上げを伸ばすヒントをお伝えしたいと思います。

ネットではいい意味で「客単価が狂う」

4000万人の購買データを見続けて興味深かった発見は、同じ人間でも、ネット上と現実世界とでは行動パターンが異なるということです。ネット上では、いい意味で〝客単価が狂う〟ことがあります。どういうことかというと、リアル店舗ではまず売れないような高値でモノが売れることがあるのです。それに加えて、ネット上では旧来の思い込みや常識をくつがえすような事態もたびたび起こります。絶対に売れないと思われていたモノが爆発的に売れたりするのです。

そんなネットならではの現象を体現して売れまくっているのが「生卵」です。生卵がネットで売れるとは、最初は誰も思いませんでした。楽天社内の人でさえ、楽天市場で生卵を初めて売ることになったときは「絶対に売れないよ」と断言していました。割れやすい、配送しにくい、単価が安い、生ものであるなど、いかにも売れなさそうな条件が揃っていたからです。

次ページスーパーですぐに買えるはずなのに?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 本当に強い大学
  • 地方創生のリアル
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
先陣切った米国の生産再開<br>透けるトヨタの“深謀遠慮”

米国でトヨタ自動車が約50日ぶりに5月11日から現地生産を再開しました。いち早く操業再開に踏み切った背景にあるのが、日本の国内工場と米トランプ政権への配慮。ドル箱の米国市場も国内生産も守りたい巨大グローバル企業の深謀遠慮が垣間見えます。