BMW乗りが「MINI」を一度に2台も買ったワケ

知れば知るほど欲しくなるMINIの「魔力」

「BMWミニ」のイベントは、若い人、あるいは若いハートの持ち主にアピールするための……しかし……クオリティはしっかり高いファッション・イベントのようだった。

BMWミニは世界の市場から大きな拍手で迎えられた。BMWが手がけることは、安心感とプレミアム・イメージのかさ上げにつながり、短期間にプレミアム・スモールの地位を確実なものにした。

初代ミニはほとんど見かけなかったアメリカでも、2代目ミニはあっという間に目立つようになった。とくに、LAのお洒落なエリアあたりでは、しかるべき人たちのファッション・アイテムとして受け容れられたことはすぐわかった。

僕はむろんミニが大好き……でも、自分のものにしたのは遅かった。2014年、クーパー・ベイズウォーターとクーパーS・ハイゲート・コンバーチブルを買ったのが初めて。

当時はBMW・3シリーズ・クーペに乗っていたが、なんとなく6シリーズ・クーペが気になっていた。僕は、基本的に大きなサイズのクルマは好きではない。でも、6シリーズのルックスは気になって仕方がなかった。

で、ある日、BMWデーラーに6クーペを見に出かけ、大いに心は揺れ動いたのだが……帰りがけ、併設するミニのショールームに寄ったのが思わぬ事態を招いた。

これもなんとなく気になっていたデザインモデルの「クーパー・ベイズウォーター」と「クーパーS・ハイゲート・コンバーチブル」が並べて展示されていたのだ。

もうモデル末期だったが、「カッコいいものはいい!」で、一瞬の後に、家内共々「いいね!!!」状態になってしまった。どちらか1台だけの展示なら、あまり強くは響かなかったと思う、、が、2台を一緒に見たことで「ズシーン!!」ときた。

その場で「これ下さい」

6クーペはきれいに頭から消えて、2台のデザイン・ミニのコンビネーションに取り憑かれてしまった。6クーペの姿は家内も大好きだったが、サイズが大きいことに引っ掛かっていた。でも、ミニなら「大ウェルカム!!」

といったことで、その場で「これ下さい」になってしまった。2台を一度に買ったのは初めてだったが、躊躇は一切なかった。もう、嬉しくてしょうがなかった。帰りは二人ともルンルンだったのはいうまでもない。

2台のミニとの生活は、想像した通り楽しかった。ガレージに2台が並んでいるのを見る度に、「いいなぁ!!」と悦に入っていた。

その後、「長距離はちょっときついよね」となり、アウディ・Q3クアトロを買い足したが、この3台のコンビネーションも絶妙だった。

最新のミニは乗り味も走り味もグンとよくなっている。が、サイズが「僕のミニ観」にはちょっと馴染まない。「スモール・プレミアム」と呼ぶのにもやや抵抗を感じている。

(文/岡崎宏司)

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT