BMW乗りが「MINI」を一度に2台も買ったワケ

知れば知るほど欲しくなるMINIの「魔力」

「BMWミニ」のイベントは、若い人、あるいは若いハートの持ち主にアピールするための……しかし……クオリティはしっかり高いファッション・イベントのようだった。

BMWミニは世界の市場から大きな拍手で迎えられた。BMWが手がけることは、安心感とプレミアム・イメージのかさ上げにつながり、短期間にプレミアム・スモールの地位を確実なものにした。

初代ミニはほとんど見かけなかったアメリカでも、2代目ミニはあっという間に目立つようになった。とくに、LAのお洒落なエリアあたりでは、しかるべき人たちのファッション・アイテムとして受け容れられたことはすぐわかった。

僕はむろんミニが大好き……でも、自分のものにしたのは遅かった。2014年、クーパー・ベイズウォーターとクーパーS・ハイゲート・コンバーチブルを買ったのが初めて。

当時はBMW・3シリーズ・クーペに乗っていたが、なんとなく6シリーズ・クーペが気になっていた。僕は、基本的に大きなサイズのクルマは好きではない。でも、6シリーズのルックスは気になって仕方がなかった。

で、ある日、BMWデーラーに6クーペを見に出かけ、大いに心は揺れ動いたのだが……帰りがけ、併設するミニのショールームに寄ったのが思わぬ事態を招いた。

これもなんとなく気になっていたデザインモデルの「クーパー・ベイズウォーター」と「クーパーS・ハイゲート・コンバーチブル」が並べて展示されていたのだ。

もうモデル末期だったが、「カッコいいものはいい!」で、一瞬の後に、家内共々「いいね!!!」状態になってしまった。どちらか1台だけの展示なら、あまり強くは響かなかったと思う、、が、2台を一緒に見たことで「ズシーン!!」ときた。

その場で「これ下さい」

6クーペはきれいに頭から消えて、2台のデザイン・ミニのコンビネーションに取り憑かれてしまった。6クーペの姿は家内も大好きだったが、サイズが大きいことに引っ掛かっていた。でも、ミニなら「大ウェルカム!!」

といったことで、その場で「これ下さい」になってしまった。2台を一度に買ったのは初めてだったが、躊躇は一切なかった。もう、嬉しくてしょうがなかった。帰りは二人ともルンルンだったのはいうまでもない。

2台のミニとの生活は、想像した通り楽しかった。ガレージに2台が並んでいるのを見る度に、「いいなぁ!!」と悦に入っていた。

その後、「長距離はちょっときついよね」となり、アウディ・Q3クアトロを買い足したが、この3台のコンビネーションも絶妙だった。

最新のミニは乗り味も走り味もグンとよくなっている。が、サイズが「僕のミニ観」にはちょっと馴染まない。「スモール・プレミアム」と呼ぶのにもやや抵抗を感じている。

(文/岡崎宏司)

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 自分史上最高のカラダに!本気の肉体改造メソッド
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 晩婚さんいらっしゃい!
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「ニッポン半導体」敗北の真相
「ニッポン半導体」敗北の真相
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
勝ち組シニアと負け組シニア<br>定年格差

「45歳定年」発言に対し一部で猛反発。現実には法改正で70歳までの雇用確保が今春努力義務化されました。人生100年時代といわれる今、従来の定年はもはやなくなりつつあります。老後も働くシニアが第二の人生を勝ち抜くためにすべきことは何でしょうか。

東洋経済education×ICT