テレビ局の動画ネット配信、収益化への高い壁

拡大
縮小


 テレビ広告の激減で利益が右肩下がりとなる中、「苦しいので、(コンテンツで)少しでも収益化したい」(TBSの氏家夏彦コンテンツ事業局長)のが本音。そこで目をつけたのが、ユーチューブやギャオの圧倒的な集客力だった。「特にフジは有料配信の事業拡大に熱心で、利用者の多いギャオを使って拡大したいと思っている。出資は逃げないできちんとやりましょうという意味がある」(ギャオの川邊健太郎社長)。

TBSやテレ朝も、今のところユーチューブ上の公式チャンネルから自社配信サイトへの誘導、地上波番組との連動企画などが主な狙い。ドラマやバラエティなど人気の高い番組については「ネット広告の収入では採算が合わない。グーグルに協力してもらい、ドラマやバラエティなどはTBSオンデマンドのような有料配信を実現したい」(氏家氏)と有料で提供する姿勢を崩していない。

ただ、ネット上ではいまだに有料コンテンツに対する拒否感が強い。「単に有料配信先を増やすだけでは、ビジネスの拡大は難しい」(野村総合研究所の山口毅主任コンサルタント)という見方は多い。

関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT