テレビ局の動画ネット配信、収益化への高い壁


 テレビ広告の激減で利益が右肩下がりとなる中、「苦しいので、(コンテンツで)少しでも収益化したい」(TBSの氏家夏彦コンテンツ事業局長)のが本音。そこで目をつけたのが、ユーチューブやギャオの圧倒的な集客力だった。「特にフジは有料配信の事業拡大に熱心で、利用者の多いギャオを使って拡大したいと思っている。出資は逃げないできちんとやりましょうという意味がある」(ギャオの川邊健太郎社長)。

TBSやテレ朝も、今のところユーチューブ上の公式チャンネルから自社配信サイトへの誘導、地上波番組との連動企画などが主な狙い。ドラマやバラエティなど人気の高い番組については「ネット広告の収入では採算が合わない。グーグルに協力してもらい、ドラマやバラエティなどはTBSオンデマンドのような有料配信を実現したい」(氏家氏)と有料で提供する姿勢を崩していない。

ただ、ネット上ではいまだに有料コンテンツに対する拒否感が強い。「単に有料配信先を増やすだけでは、ビジネスの拡大は難しい」(野村総合研究所の山口毅主任コンサルタント)という見方は多い。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • スナックが呼んでいる
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • インフレが日本を救う
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
50歳からの<br> お金の教科書

リタイアも見えてきた50歳。老後は1億円必要といわれ、不安なのはお金だが、どう向き合えばよいのか。高齢期は低リスクが第一。各種保険や仕組み債のリスクも盛り込み、人生100年時代の「正しい資産運用術」を個別具体的に指南。