バカ丁寧化する日本語 敬語コミュニケーションの行方 野口恵子著

バカ丁寧化する日本語 敬語コミュニケーションの行方 野口恵子著

本書にある問題。漁村の朝市で、笑い皺がいっぱいのおばさんが客に声を掛ける。なんと言っているか。

A「どうぞ、よろしかったら召し上がっていらしてください」、B「おいしいですよ。食べてってください」、C「ほれ、うめえから、食ってけ」

どれが正解とも言えないが、Cが一番しっくりくる。つまり、おばさんの笑顔ともてなしの精神が、敬語など不要にしているわけである。逆に、バカ丁寧な敬語が氾濫する現代社会は、想像力の欠けたマニュアル化された敬語を使っているだけで、相手への真の敬意など持ちえていないと著者は説く。

日本語教師である著者が、敬語の使い方、コミュニケーションのあり方を考察する。

光文社新書 798円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 埼玉のナゾ
  • 日本野球の今そこにある危機
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
  • 僕/私たちの婚活は今日も終わらない
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ニセコ 熱狂リゾートの実像<br>開発に翻弄される小さな北の町

「パウダースノー」を求め、北海道のニセコに殺到する外国人客。その数は住民約2万人の14倍にも及びます。観光ばかりでなく、別荘が建ち不動産投資も活発化しましたが、地価高騰やインフラ整備負担による財政圧迫の問題も出ています。活況と苦悩の両面に迫りました。