バカ丁寧化する日本語 敬語コミュニケーションの行方 野口恵子著

バカ丁寧化する日本語 敬語コミュニケーションの行方 野口恵子著

本書にある問題。漁村の朝市で、笑い皺がいっぱいのおばさんが客に声を掛ける。なんと言っているか。

A「どうぞ、よろしかったら召し上がっていらしてください」、B「おいしいですよ。食べてってください」、C「ほれ、うめえから、食ってけ」

どれが正解とも言えないが、Cが一番しっくりくる。つまり、おばさんの笑顔ともてなしの精神が、敬語など不要にしているわけである。逆に、バカ丁寧な敬語が氾濫する現代社会は、想像力の欠けたマニュアル化された敬語を使っているだけで、相手への真の敬意など持ちえていないと著者は説く。

日本語教師である著者が、敬語の使い方、コミュニケーションのあり方を考察する。

光文社新書 798円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 就職四季報プラスワン
  • 森口将之の自動車デザイン考
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ストロング系チューハイの光と影
ストロング系チューハイの光と影
「電話嫌いの若者」が急に増えた意外すぎる理由
「電話嫌いの若者」が急に増えた意外すぎる理由
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「未来を知る」ための読書案内<br>ベストブック2021

先を見通せない日々が続きますが、本を開けばアフターコロナ時代のヒントがあふれています。本特集では、有識者や経営者、書店員らが推薦した200冊を掲載。推薦数の多い順にランキングしました。あなたにとっての珠玉の1冊を探してみてください。

東洋経済education×ICT