ジム・ロジャーズ「3年以内に最悪の相場が来る」

債券バブルが崩壊すれば大変なことになる

――トランプ大統領は中国に「関税攻撃」を仕掛けましたが、結局アメリカの対中貿易赤字はほとんど減っていません。

「もし賭けろと言われたら、私はトランプ大統領が再選する方に賭ける。投票はしないけどね」(撮影:今井康一)

対話は継続しており、どこかのタイミングでは「両者とも状況は改善した」と言うだろう。実際に、しばしの間は改善するだろう。市場は回復するだろうし、アメリカも何か手を打つだろうし、中国も手を打つだろう。

繰り返しになるが、アメリカが再び困難に直面し始めたら、トランプ大統領は他の国のせいにし、貿易戦争を激化させるだろう。

今後、貿易戦争が改善に向かっていると思うこともあるかもしれないが、実際には悪化していく。そして世界中で深刻な問題に直面するだろう。

――「アメリカの中国たたき」は決して上手くいっているようには見えませんが、2020年の大統領選がカギを握っています。トランプ大統領は再選されるでしょうか?

難しい質問だ。ほとんどのアメリカの現職大統領は再選されている。いろいろな理由があり、(再選出馬した)現職の大統領を負かすのは極めて難しい。なので「賭けろ」と言われたら、私はトランプ大統領が勝つ方に賭ける。ただし、私は彼には投票しないけどね(笑)。

債券バブルは「今までで最もひどいバブル」

――現在の「債券バブル」をどう見ますか? もし崩壊するとしたら、何がその原因で、その後どうなりますか?

債権バブルはあらゆるバブルと似ているが、これまでで最も酷いバブルだ。もしバブルがはじけたら、極めて多くの人々が甚大な損失を被るだろう。世界の歴史の中で、金利水準が世界中これほどの規模で低下したり、マイナス金利となった例はない。

――これに関連して、MMT(現代貨幣理論)についてどうお考えでしょうか?ロジャーズさんは賛成ですか、反対ですか?それはなぜですか?

MMTは(ちょっと)ばかげていると思う。いろいろ試されてはいるが、もしMMTが事実なら、いま世界で1番お金持ちの国はジンバブエだったはずだ。アルゼンチンもとても裕福になっているはずだ。私は(MMTは)ばかげていると思う。「タダ飯」なんてものは、世の中に存在しないのだから。一時的には効果はあるかもしれないが、長期的にはしっかりと裏付けされたお金がないと、全てが瓦解する。

次ページロジャーズ氏は何に注目しているのか?
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 角田陽一郎のMovingStudies
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT