チェーン店が次々撤退!「1人勝ち喫茶店」の真実

「全国チェーンが撤退する街」でも流行る秘密

3つ目は「お客さまとの交流」を大切にしていることです。

【3】味とともに「お客さまとの交流」も大切にする

3つ目は、「お客さまとの交流」を大切にしていることです。「黒田珈琲」では、店内で定期的に読書会を開いています。課題本を読んできて、みんなで感想を述べ合うのです。お店のスタッフに、店主の黒田康裕さんが「店を早く閉めて好きなことをやっていいよ」と話したことがきっかけでした。

読書会では、課題本をイメージしたオリジナルドリンクも提供しています。以前、坂口安吾の『桜の森の満開の下』を課題本にしたときには「さくらンベリージュース」というものをつくったりしました。

さくらンベリージュース(撮影:今祥雄)

「黒田珈琲」は年中無休なので、元日も営業しています。だから、黒田さんはこう言います。「いちばん大切なのは、日々のコンディション。お客さまにとって毎日同じであることが大事。だから、体調管理には気を遣っている」。こんなプロ魂と心意気のあるお店にチェーン店がかなうはずがありません。

「コーヒーを飲む」「フードメニューを食べる」だけでなく、人と交流し、語り合い、触れ合うという、「喫茶店本来の姿」がここにはあるのです。

「通行人」はお客さまではない

「人通りは多いけど、単に通過する人たちがほとんど。単なる通行人を消費者として見誤って、失敗している」と黒田さんは言います。

もちろん、大手チェーン店は通行量調査などを行って出店を決めていて、その基準を満たしているから出店してきました。しかし、人通りが多いから繁盛するとは限りません。足早に目の前を通り過ぎる人たちは、お客さまの「予備軍」ではありますが、「お客さま」ではないのです。

通行人をお客さまに変えることができるか。そして、お客さまをファンにすることができるか。大手チェーン店はそこを見誤っていると黒田さんは指摘します。お店に魅力がなければ、提供する商品に価値がなければ、通行人はお客さまにはなりえません。

繁盛店にするには「黒田珈琲」のように、通行人たちが「ちょっと寄っていこうか」と思う「お店に行く理由」をつくり出すことが不可欠なのです。

関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 森口将之の自動車デザイン考
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激突! アサヒvs.キリン<br>「正反対」のビール戦略

2020年に豪州最大のビール会社を買収するアサヒグループHD。国内縮小を見越し「スーパードライ」集中でグローバル化を強化する。一方、キリンHDは化粧品・健康食品のファンケル買収などで多角化を推進。正反対の戦略の成否は? 両社トップに聞く。