お金が貯まらない人の「家計割合」がダメな理由

「価値観の見える化」で優先順位をつける

(イラスト:フクチマミ)

現在から老後に至るまで、いったいいくら必要なのか。「老後に2000万円」と言われ不安になるのも、必要な内容と金額がわかりそうでわからないから、ではないでしょうか。

『マンガで読む 子育てのお金まるっとBOOK』(書影をクリックすると、アマゾンのサイトにジャンプします)

マンガイラストレーターのフクチマミさんも、30代後半になって不安にかられる1人。小5と小2のお子さんと年の離れたの夫との”暮らしとお金”はこのままでいいのか、それとも変える必要があるのか……。

そこでファイナンシャルプランナーの大竹のりこ先生に素朴な疑問をぶつけに行くと、意外な答えのかずかずが返ってきました。

この記事ではフクチさんの新刊『マンガで読む 子育てのお金まるっとBOOK』より、多くの人が意外と知らない「お金の問題」について取り上げます。今回は「家計割合」についてです。

「家計割合」をきちんと考えていますか?

次ページまずは「自分の家計」と照らし合わせる
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • コロナウイルスの恐怖
  • 就職四季報プラスワン
  • 若者のための経済学
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日本の経常収支に構造変化<br>10年後には赤字化も?

ドル円相場が不思議な安定を続けています。その背後に日本企業や投資家の行動変化があり、統計数値として経常収支に表れます。10年後に経常黒字が消え、通貨の信認を問われる時代になる可能性を踏まえ、国も企業も戦略を構築しておく必要があります。