メルペイが「巣鴨地蔵通り」を占拠した真意

キャッシュレス還元をアピールに決済に誘導

メルカリでモノを売って得た売上金は、メルカリ内で買い物するのに使えるだけでなく、スマホ決済のメルペイを通じコンビニや飲食店でも利用できる。

メルカリ社にとっては、メルカリユーザーを増やすことはそのまま、メルペイユーザー予備軍を増やすことにもなる。国内では足元で最も注力するメルペイ事業を伸ばすうえでも、全世代でメルカリの新規ユーザーを開拓していく意味は大きい。

ペイペイは店頭活用によるサポートを強化

他方、スマホ決済にはフリマとは違ったハードルもある。消費増税に合わせ国主導で始まるキャッシュレス決済へのポイント還元事業は、”現金派”だった消費者をスマホ決済へ引き込む呼び水にはなっている。

競合がひしめく中、メルペイとして独自の強みを発揮できるかがシニア層開拓のカギを握る(記者撮影)

だが、「すでにコンビニやスーパーが発行している電子マネーを使っており、新しい手段を増やすのは面倒」(巣鴨の講座に参加した70代女性)という意見も聞かれる。売上金をそのまま使えるというメルカリならではの強みに関しても、「『どこまでお金を貯められるかな?』というのが自身の楽しみなので、日常の買い物にこまごまと使うのには抵抗がある」(同じ70代女性)。

スマホ決済のライバルに目を転じれば、ソフトバンク・ヤフー連合の「ペイペイ」も、全国ソフトバンクショップの店頭を活用した利用者サポートを強化。メールや電話だけの対応では不安を感じやすいシニア層にも広く訴求することを目指す。

スマホ決済がある程度浸透し、各社のターゲットは確実に広がっている。シニアの開拓は決して容易ではないだろうが、国内の人口比率を鑑みても、各社が避けて通れない道といえるだろう。

関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • iPhoneの裏技
  • ブックス・レビュー
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
NHKの正体<br>膨張する公共放送を総点検

受信料収入が5年連続で過去最高を更新し、ネット常時同時配信への進出を見込むなど肥大化が進むNHK。一方でガバナンスに問題を抱えており、公共放送としての存在意義が問われている。事業体としてのNHKの全貌を総点検した。