どうした小倉!!遂にゴルフにピリオドか!?

キャスター/小倉智昭


 またゴルフがダメになった。今度はかなりの重症。立ち直りは無理かもしれない。

前兆は2年前のワールドカップ・ドイツ大会時に起こった。取材中、突然左足が痺れ、それが痛みに変わって歩けなくなった。脊柱管狭窄症、ジャンボ尾崎さんやみのもんたさんを悩ませた腰の病気だ。いわば加齢現象で、最悪は手術が必要になる。一度、書いたので覚えている方もおいでだろう。ただ、あのころは、やがて治ると高をくくっていた。ゴルフもカートを使えば問題はなかった。しかしいまは、洗面所で髪のセットをしているだけで痺れ、番組のオープニングトークの7分間がつらくなってきた。

次の要因は「週刊!エンタ★マイスター」という『とくダネ!』のコーナーだ。毎週発売になるCD、DVD、週末封切りの映画を紹介する。あくまで、私の偏見と独断により推薦し点数をつけなければならない。手元に届くCDは毎週50枚、映画は10本。1週間で70時間以上を費やすことになる。関係者から渡されるものを知らんぷりはできず、結局、観たり聴いたりしてしまう。したがって、週2~3回のゴルフ練習と週2回のプレーは不可能になった。

不器用で、回数でこなしてきた私のゴルフである。瞬く間に崩れ始めた。思い通りの球が打てず、スコアも惨憺たるもの。クラブに頼って新しいものに変えると、さらに悪循環。元に戻しても、あがくばかりで、後退あるのみ。自分のスイングが体に染み付いていると思っていたが、よいころのフォームにならない。というより、思い出せない。トップ、ダフリ、フック、スライス、何でもありになってしまった。数年前、ショートの小倉、ドライバーの小倉と誉めそやされたショットは影を潜め、グリーンに乗らず、フェアウエイを外す。

「小倉ちゃんどうしたの?」と聞く同伴プレーヤーの目が、完全に哀れんでいる。左のひざが伸び、腰の姿勢をアドレス時から打つ瞬間まで保てない。テークバックをどこに上げるのかしっくりこず、力まず回転しようと試みれば力が入る。遂には、パターまで狙った距離が合わず、ショートパットも人をバカにしたような外れ方をする。

そんなに厳しい状況の中、名門「東京読売カントリークラブ」でプレーすることになった。アップダウンが激しく、しかも歩いてのゴルフ。大丈夫かなと不安にかられたままスタートしたのはよかったが、低い温度と強い風、前半で49もたたいてしまった。ロキソニン、ボルタレンと痛み止めを飲んで後半、いきなりトリプルで、10番はグリーン回りが行ったり来たりの4オーバー。14番終了時、足の痺れがひどくなりリタイアとなった。

15年のゴルフ人生、雨風にも負けず、雪が降ってもホールアウト。途中であきらめることがなかったゴルフの虫がこのざまだ。来月はやめているかもしれない。乞うご期待。

キャスター/小倉智昭(おぐら・ともあき)
1947年秋田県生まれ。東京12チャンネル(現テレビ東京)アナウンサー出身。76年フリーに。現在は『とくダネ!』(フジテレビ系)や『嵐の宿題くん』(NTV系)、『小倉智昭のラジオサーキット』(ニッポン放送)の司会を務めるなど、幅広く活躍中。
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • 就職四季報プラスワン
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
電池開発でノーベル化学賞<br>吉野彰氏が示した「危機感」

受賞会見とともに、リチウムイオン電池の開発の歴史と当事者の労苦を振り返る。世界の先頭を走ってきた日本も、今後および次世代型の市場では優位性が脅かされつつある。吉野氏率いる全固体電池開発プロジェクトに巻き返しの期待がかかる。