「生きるのはなぜ苦しいの」小島慶子さんの答え

元引きこもりの25歳女性が聞いた

小島慶子さんご自身の母親との関係や病気のことを語るなかで、その苦しみをどう乗り越えてきたのか教えてもらいました(写真:不登校新聞)  
タレント、エッセイストとして活動する小島慶子さんのインタビューを掲載する。小島さんは、幼い頃から母親との葛藤に苦しんできたことを著書『解縛(げばく): 母の苦しみ、女の痛み』で書いている。どのような苦しみがあったのだろうか。
聞き手は、ひきこもり経験者で、自身も親との関係に苦しむ、子ども若者編集部員・飯塚友理さん。

――飯塚友理と申します。現在25歳で、ひきこもり経験者です。今も生きづらさを抱えながら暮らしています。とりわけつらいのが、母親との関係です。自身の価値観で私をしばろうとしてくる過干渉の母に悩みながらも、私自身、家族から独立できるような収入も自信もない、ということを思うと本当に今、苦しいです。

小島さんはご著書『解縛』のなかで、幼少期から家族、とくに母親との関係に苦しんだ経験についてたくさん言葉にされています。どんなことがつらかったのでしょうか。

当記事は不登校新聞の提供記事です

母は自分が見たいものを見たいように見て、自分が聞きたいように聞く人でした。入ってきた情報をすべて、自分の都合のいいように書き換えてしまうんです。

だから、私が母に伝えたいことを何時間も説明しても、こっちの思いが届かないんです。

しかも、私の家族のなかで、「母とうまくいかない原因は私にある」ということになっていました。私の性格が悪くて、ひねくれ者だから、家のなかがこんなに大変なんだ、というストーリーになっていたんです。

「彼女も完全な人間ではない」と思えるように

だから、大人になってからカウンセリングを受け、「私がいけなかったんだ」という記憶を、そうではないストーリーに編み直すまで、すごく時間がかかりました。

カウンセリングによって、家庭内の不和は、私が悪いのではなく母の子育てに問題があったんだと気づき、最初は「ママはこんなにひどかった」と、母への怒りがバーンと噴き出しました。

しかし、しだいに「彼女も完全な人間ではないんだよな」と思えるようになりました。

彼女は生い立ちも過酷だし、偏りのある物の考え方をする人なので、人間関係で苦労しただろうな、だから自分の娘に思い入れが強くなってしまったのもしょうがないのかな、と。

ただ、それを受けた私はたまらなかったから、距離を取ることにしたんですけどね。

次ページ現在の母親との関係は?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 今見るべきネット配信番組
  • コロナ後を生き抜く
  • 晩婚さんいらっしゃい!
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地銀 最終局面<br>首相が追い込む崖っぷち

遅々として進まなかった地銀再編。しかし菅義偉首相は明確に踏み込みました。全国の地銀はどう動くのか、現状を徹底取材。今後起こりうる地銀再編を大胆予測。さらにビジネスモデルや行員の働き方にも注目し、地銀が生き残る道について探りました。

東洋経済education×ICT