『ボーナス過去最高とは言うけれど』(34歳男性)

城繁幸の非エリートキャリア相談

『ボーナス過去最高とは言うけれど』(34歳男性)

終身雇用の崩壊、成果主義の導入などにより、日本人の「働き方」は激変。その結果、自身のキャリアに迷えるビジネスパーソンは増えていくばかりだ。これまでの古い「昭和的価値観」から抜けだし、新たな「平成的価値観」を身に付けるためにどうすればいいのか。日本の人事制度を知り尽くした城繁幸氏が、あなたの悩みにお答えします。

CASE:16

『ボーナス過去最高とは言うけれど』(34歳男性) 
 
<相談者の悩み>

 はじめまして、いつも楽しく拝見しています。現在34歳、建設会社勤務の男性技術者です。

 建設業界も、ようやく不況のトンネルを抜け出たようで、各社業績も上向き傾向です。我が社も一昨年から前年比10%以上の増益を続けており、社内もずいぶんと余裕が出てまいりました。

 ところが、です。一時金こそ、それなりに増えはしましたが、昇給はまったく実施されません。定期昇給はもちろん、ベースアップまで、ここ7年間据え置き状態です。

 記憶では、定期昇給については「営業赤字を脱するまで」という説明だったように思うのですが、黒字化して2年、いまだに復活の兆しはありません。組合の委員に聞いても「よそもそうだからしょうがない」とのこと。確かに、ニュースなどを見ても、一時金で上乗せというのが主流なようです。

 ただ、ボーナスが増えるのは嬉しいのですが、本音を言えば、やはり昇給が欲しいところです。業績によっては大きく上下するボーナスだと、怖くてローンも組めません。

 もっと言えば、我々のような30代前半の中堅社員は、これからどんどん昇給していってナンボという感覚です。いくら「今年の冬の賞与は基本給4か月分だよ」と言われても、もとの基本給が低い以上、ものすごく損な気分になります。

 もう一時金重視の流れは変わらないのでしょうか?それとも、うちの会社の人事制度にどこか問題があるのでしょうか?

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 実践!伝わる英語トレーニング
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ホンダ「4代目フィット」がイマイチ売れていない理由
ホンダ「4代目フィット」がイマイチ売れていない理由
京セラのガラパゴススマホ「トルク」がたどり着いた境地
京セラのガラパゴススマホ「トルク」がたどり着いた境地
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「半導体パニック」自動車産業に与える巨大衝撃
「半導体パニック」自動車産業に与える巨大衝撃
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
これが世界のビジネス常識<br>会社とジェンダー

「ジェンダーギャップ指数ランキング2021」で日本は120位という結果に。先進7カ国中で最下位かつ、女性の社会的地位が低いとされるアフリカ諸国よりも下です。根強く残る男女格差の解消は、日本経済が再び競争力を取り戻すために必須の条件です。

東洋経済education×ICT