『ボーナス過去最高とは言うけれど』(34歳男性)

城繁幸の非エリートキャリア相談

『ボーナス過去最高とは言うけれど』(34歳男性)

終身雇用の崩壊、成果主義の導入などにより、日本人の「働き方」は激変。その結果、自身のキャリアに迷えるビジネスパーソンは増えていくばかりだ。これまでの古い「昭和的価値観」から抜けだし、新たな「平成的価値観」を身に付けるためにどうすればいいのか。日本の人事制度を知り尽くした城繁幸氏が、あなたの悩みにお答えします。

CASE:16

『ボーナス過去最高とは言うけれど』(34歳男性) 
 
<相談者の悩み>

 はじめまして、いつも楽しく拝見しています。現在34歳、建設会社勤務の男性技術者です。

 建設業界も、ようやく不況のトンネルを抜け出たようで、各社業績も上向き傾向です。我が社も一昨年から前年比10%以上の増益を続けており、社内もずいぶんと余裕が出てまいりました。

 ところが、です。一時金こそ、それなりに増えはしましたが、昇給はまったく実施されません。定期昇給はもちろん、ベースアップまで、ここ7年間据え置き状態です。

 記憶では、定期昇給については「営業赤字を脱するまで」という説明だったように思うのですが、黒字化して2年、いまだに復活の兆しはありません。組合の委員に聞いても「よそもそうだからしょうがない」とのこと。確かに、ニュースなどを見ても、一時金で上乗せというのが主流なようです。

 ただ、ボーナスが増えるのは嬉しいのですが、本音を言えば、やはり昇給が欲しいところです。業績によっては大きく上下するボーナスだと、怖くてローンも組めません。

 もっと言えば、我々のような30代前半の中堅社員は、これからどんどん昇給していってナンボという感覚です。いくら「今年の冬の賞与は基本給4か月分だよ」と言われても、もとの基本給が低い以上、ものすごく損な気分になります。

 もう一時金重視の流れは変わらないのでしょうか?それとも、うちの会社の人事制度にどこか問題があるのでしょうか?

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 財新
  • 山本シンヤが迫るクルマ開発者の本音
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
広告大乱戦<br>デジタル化で進む“下克上”

「ついに」か「ようやく」か。ネット広告費が初めてテレビ広告費を超えました。デジタル化の大波の中で、広告業界は“異種格闘技戦”の時代に。グーグルと組んで購買につながる広告商品を生み出したマツモトキヨシなど、激変期の最先端事例を紹介します。