日経平均は反落、米中通商協議やFOMC後を警戒

8月1日の銘柄入れ替えに伴う換金売りも

 7月31日、東京株式市場で日経平均株価は反落した。トランプ米大統領が中国に警告を発し、通商協議の進展に対する懸念が出ている。国内企業のさえない決算や、米連邦公開市場委員会(FOMC)通過後の円高リスクも警戒された。写真は都内で2015年8月撮影(2019年 ロイター/Yuya Shino)

[東京 31日 ロイター] - 東京株式市場で日経平均株価は反落した。トランプ米大統領が中国に警告を発し、通商協議の進展に対する懸念が出ている。国内企業のさえない決算や、米連邦公開市場委員会(FOMC)通過後の円高リスクも警戒された。日経平均の銘柄入れ替えの影響が出ているとの指摘も出ていた。

トランプ米大統領は30日、ツイッターへの投稿で、中国に対して通商協議を巡り自身の1期目の任期が終わるまで時間稼ぎをしないよう警告。2020年11月の米大統領選で再選されれば、通商協議の行方はさらに厳しいものとなり、決裂する恐れもあるとの考えを示した。

投資家心理が圧迫され、欧米市場で主要株価指数が下落。この流れを引き継ぐ形で、東京市場も安く始まった。その後もじりじり値を下げ、一時200円超に下げ幅を拡大した。午後は、好決算を発表した第一三共<4568.T>やエーザイ<4523.T>などが買われたが、相場全体を大きく押し上げるには至らなかった。

市場では、日米金融政策の違いも話題になっていた。「日銀が前日の決定会合で金融政策を据え置いた一方、米国は今晩のFOMCで25ベーシスポイントの利下げが確実視されている。円高懸念があるかもしれない」(三木証券の投資情報課長、北澤淳氏)との声が出ていた。

8月1日付で日経平均から千代田化工建設<6366.T>が除外される一方、バンダイナムコホールディングス<7832.T>が組み入れられる。「225銘柄のウエートの高い銘柄を中心とした換金売りも、日経平均の下落につながっている可能性が高い」(東海東京調査センターのシニアエクイティマーケットアナリスト、仙石誠氏)との指摘が出ていた。

個別銘柄では、決算発表を手掛かりにした売買も目立った。きょうは任天堂<7974.T>が反落。30日発表した2019年4―6月期連結営業利益が前年同期比10.2%減の274億円で、リフィニティブが集計したアナリスト10人の予測平均値400億円を下回ったことなどが嫌気された。一方、ソニー<6758.T>は大幅反発。30日発表した19年4─6月期(米国基準)の連結営業利益が同18.4%増の2309億円で、同期間として3年連続で過去最高を更新したことが好感された。

TOPIXは反落。東証33業種では、医薬品、電気・ガス、金属製品、保険以外の29業種が値下がり。海運、倉庫・運輸関連、輸送用機器、水産・農林、ゴム製品などが値下がり率上位に並んだ。

東証1部の騰落数は、値上がりが547銘柄に対し、値下がりが1525銘柄、変わらずが78銘柄だった。

日経平均<.N225>

終値      21521.53-187.78

寄り付き    21526.38

安値/高値   21476.07─21589.11

 

TOPIX<.TOPX>

終値      1565.14 -10.44

寄り付き    1562.96

安値/高値   1562.40─1570.46

 

東証出来高(万株) 135088

東証売買代金(億円) 26650.27

関連記事
トピックボードAD
マーケットの人気記事
  • 岐路に立つ日本の財政
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 育休世代 vs.専業主婦前提社会
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
かんぽ まさかの10月営業再開<br>日本郵政グループの不適切判断

日本郵便本社が発した「10月からかんぽ営業を段階的に再開」との緊急指示に、現場は大混乱。乗り換え勧奨禁止などの再発防止策、7月末に実施を発表した全件調査、特定事案調査にも大きな問題を残したままだ。拙速な営業再開の裏には何が。