マザーハウスが問う、お客様との新しい関係

お客様はモノづくりの主人公になれる!

お客様と一緒に現地でバッグを作るツアー

もっとお客様にリアルにプロセスに入ってもらいたいと思って始めたアクションもあります。工場が立ち上がってから1年後に始めたのですが、H.I.Sさんと一緒にバングラデシュツアーを立ち上げたのです。このツアーの目玉は、お客様自身に私たちの工場にお越しいただき、1日かけてオリジナルのエコバッグを作ってもらってもらうことです。

H.I.Sさんとバングラデシュツアーを立ち上げた

このツアーはすでに200人弱のお客様にお越しいただいていますが、お客様に喜んでいただいているだけでなく、工場のスタッフのモチベーションが変わりました。バングラデシュでモノづくりをしているみんなは、日本の品質どころか、海もほとんど見たことがないのです。そのみんなが、直接、お客様と触れ合い、日本のお客様が求める品質を体験から理解できたことが、品質面での大きなプラスになっています。

このようなアクションは、私たちの理念達成に向けたプロセスに、お客様も一緒に入っていただいているということなのです。私たちは、「モノを売っている」感覚とともに、「マザーハウスというストーリー」をお客様と共有している、「プロセスを届ける」ことを感じています。

次ページお客様に「主人公」になってもらう
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 財新
  • 山本シンヤが迫るクルマ開発者の本音
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
広告大乱戦<br>デジタル化で進む“下克上”

「ついに」か「ようやく」か。ネット広告費が初めてテレビ広告費を超えました。デジタル化の大波の中で、広告業界は“異種格闘技戦”の時代に。グーグルと組んで購買につながる広告商品を生み出したマツモトキヨシなど、激変期の最先端事例を紹介します。