「夫婦と子の家族」は今や3割弱しかいない現実

2040年には単身世帯の構成比が約4割になる

1990年から2015年までと、2015年から2040年推計までの各25年間の「夫婦と子」世帯数の推移を都道府県別に比較してみると、「消えゆく家族」の全貌が浮かび上がってきます。

マップで見てみる

2015年まではそれでもまだ47都道府県中12県がプラスで、夫婦と子世帯が増えているエリアもあり、20%以上ものマイナス地域は北海道、長崎、青森、鹿児島の4つだけでした。ところが、2015年から2040年推計までの25年推移を見ると、プラス県はついにゼロになり、半分近くの23道府県が20%以上のマイナスエリアとなります。マップにすると一目瞭然、ほぼすべてが真っ赤になります。

一方で、単身世帯はどんどん増え続けます。「夫婦と子」世帯と単身世帯との構成比差分を比較して、「夫婦と子」世帯のほうが上回る県は、2015年時点では、埼玉・奈良・岐阜・滋賀・群馬・富山の6県ありましたが、2040年にはゼロになります。全都道府県において、単身世帯が「夫婦と子」世帯を上回ることになるのです。

次ページかつて標準といわれた家族が減る
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • ブックス・レビュー
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
中国を知り尽くす異能の外交<br>官 垂秀夫 新中国大使

中国に幅広い人脈を持ち、アグレッシブな仕事ぶりで知られてきた垂秀夫・在中国大使。世界情勢が激動する中で国力差が開く日中関係をどう舵取りするのでしょうか。中国が最も恐れる男が日中関係のリアリズムを語ります。

東洋経済education×ICT