「人を殺さぬため」7年引きこもった男性の告白

もう1人の自分が語りかけてきて終わった

ひきこもるしかなかった瀧本裕喜さんの中の葛藤や、ひきこもりが終わったきっかけを教えてもらった(撮影:堀田純/写真:不登校新聞)  
ひきこもり経験者・瀧本裕喜さんは18歳から7年間ひきこもった。ひきこもった理由は「人を殺さないため」。ひきこもりが終わるまでの経緯を書いてもらった。

僕は18~25歳まで、7年間ひきこもった。その理由は、「自分が祖母を殺してしまうのではないかと思ったから」だ。

18歳の頃、僕は予備校に通うために愛知県の実家を出て、東京にある祖母の家に同居した。

当記事は不登校新聞の提供記事です

祖母は亡くなった祖父からDVを受けていたようで、積年の恨みが僕に向いたのか、毎日こんなことを言ってきた。「人生なんてつまらない」「生きていたって何もいいことないよ」。

「あ、そう」と軽く受け流せればよかったのかもしれない。しかし、当時の僕は受験に失敗して落ち込んでいた。

祖母のネガティブな感情に心が支配されていった

そんなときに「何もいいことはない」と言われ続け、自分の心が祖母のネガティブな感情に支配されていくようだった。

そして祖母からの心理的な支配から脱出するために、僕は祖母に殺意を抱くようになった。

そんな気持ちを必死に抑え込み、祖母とは目を合わさないようにして生活していた。その後ほどなくして、愛知の実家に帰ることになった。

そして帰ってくるなり、僕は自室にひきこもった。祖母への殺意が、両親にも向くかもしれない。

そんな殺意にまみれた自分は、社会に出ないほうがいい。僕は、人を殺さないためにひきこもったのだ。

ひきこもっている間にしていたことは3つ。ゲームをするか、本を読むか、自問自答するか、それだけだった。

「どうして僕は生まれてきたんだろう」「なぜここにこうしているんだろう」「生まれてこなければよかったんじゃないか」。何度も同じことが頭をぐるぐる回った。

次ページ親はなんとかして部屋から出そうとしてきた
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • 若者のための経済学
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 内田衛の日々是投資
  • ほしいのは「つかれない家族」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ナベツネが腹を割って語る<br>政治、そしてメディアの未来

読売新聞主筆として93歳の今も、社論をまとめる要の役割を果たしている渡邉恒雄氏。安倍首相と定期的に会食するなど、なお政治のキーマンでもある。歴代の首相を知る同氏は現在の政治とメディアをどう見ているのか。本誌編集長がインタビュー。