10年で利用者「伸び」1位、意外な大手私鉄の名前 16社の定期客・定期外客の増加率を比較

拡大
縮小

4位は京成の12.9%増、5位は京急の11.3%増。京成は成田国際空港、京急は羽田空港のアクセス鉄道としての機能を持つ。来年の東京オリンピック・パラリンピックを控え、インバウンド需要はますます増加することが予想される。その意味で空港アクセスを抱える鉄道会社にとっては追い風となる展開だ。

定期外のワースト1位は相鉄で1.5%減という結果だ。JRとの相互直通によって休日に都心で買い物をする利用者増など、今後に期待したい。ワースト2位は西日本鉄道の1.8%増。ただ、西鉄沿線にある太宰府は新年号「令和」のゆかりの地ということで、4月以降観光客が急速に増えている。令和効果による順位挽回なるか。

ワースト3位は西武鉄道の2.2%増、ワースト4位は京王電鉄の2.5%だが、西武は秩父、京王は高尾山という人気観光地を抱えている。その意味で、この順位は力不足。沿線の魅力活性化に向け、さらなる情報発信が必要だろう。

全体でも1位は阪神

最後に、定期と定期外を合計した輸送人員の伸び率も挙げておく。1位阪神、2位東京メトロは、定期、定期外とも好調とあって、断トツの伸び率だ。

関西ではすでに人口は減少期に入った。東京圏は2035年頃まで人口が増え続けるとみられているが、それ以降も人口が伸びるエリア、人口減が2035年よりも早く訪れるエリアと、濃淡は確実にあるだろう。鉄道各社は現在さまざまな沿線活性化の取り組みを行なっている。その積み重ねによって、10〜20年後の鉄道会社の勢力図を変えるはずだ。

関連記事
トピックボードAD
鉄道最前線の人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT