キヤノン御手洗氏「ドルは120円に近づく」

円安で国内生産比率50%へ

1月9日、キヤノンの御手洗会長兼社長は、円安が一段と進行するとの見通しを示すとともに、カメラや事務機の国内生産を増やす方針を示した(2014年 ロイター/Yuya Shino)

[東京 9日 ロイター] -キヤノン<7751.T>の御手洗冨士夫会長兼社長は9日、ロイターのインタビューで、円安が一段と進行するとの見通しを示すとともに、カメラや事務機の国内生産を増やす方針を示した。

リーマン・ショック以降の円高で海外生産を増やしてきたが、今後は日本の工場で増産を行うことで、国内生産比率を回復させる。

現行の国内生産比率は42%で、12年12月期は48%だった。国内に新工場を建設する計画はないが、今後3年程度で50%前後まで高める。御手洗会長は「海外でも日本でもどちらでも作れるようにしている」と述べ、為替の動向に応じて、内外生産比率を柔軟に変更させる体制を構築していると強調した。

足元で、ドル/円は104円台、ユーロ/円は142円台で進行しているが、御手洗会長は「対ドル、対ユーロで、円はまだまだ高い」と指摘。その上で「(中長期的には)リーマン・ショック前の120円、160円の水準に近付いていく」との見通しを示した。

今期も工場の自動化を進めてコストダウンを図る計画。宇都宮のレンズ工場では、1―2割の生産を自動化しているが、今期中に半分以上の生産が自動化される見通しという。

インタビューの詳細は以下の通り。

――円安は一段と進むとみているか。

「欧州次第だが、リーマン・ショック前のドル120円、ユーロ160円に近づいていくだろう。米国の景気は確実によくなるので、円が強くなる要素よりドルが強くなる要素の方がずっと大きい。これは長期的に続く。対ドルと対ユーロで、円はまだまだ高い」

――円安進行を受けて国内生産は増やすか。

「国内生産の比率は3年くらいかけて50%にしたい。リーマン・ショック前に60%近かったが、その後に海外に進出したので国内工場が空いている。これを元に戻す。増産は国内工場で行う予定だが、もともと空いていた設備を使うので、この間に工場の増設は必要ない」

「為替によって海外でも日本でも両方のハコを作っておいて、為替次第でどちらでも作れるようにしている。円高になれば海外工場の生産を増やすし、円安になれば国内工場の生産を増やす。柔軟性を高めるのが大事だ」

次ページ期待する新規事業
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ドラの視点
  • ネットで故人の声を聴け
  • 今見るべきネット配信番組
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
脱・ストレス 不安加速社会<br>への4つの処方箋

コロナ禍で、人と会ったり飲み会をしたりといった従来のストレス解消法がしづらくなっています。そんな今だからこそ、「脳」「睡眠」「運動」「食事」の専門家が教えるコンディショニング術でストレスフリーな状態を目指しましょう。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT