「山本権兵衛」元総理の心温まる愛妻物語

豪快でありながらロマンチックな総理だった

山本権兵衛総理大臣は時代の風潮にとらわれず、妻を1人の人間として大事にしていたといいます。写真はイメージです(写真:Fast&Slow/PIXTA)

安倍晋三総理のアキレス腱の1つが夫人であることは多くの認めるところであろう。夫人の無邪気な交友は、しばしば週刊誌のネタとされてきた。ただし、歴代総理と夫人のエピソードを見たときには、安倍総理夫妻の問題などは大したことではないようにも思える。

筆者は、『総理の女』を執筆するにあたり、伊藤博文(以下、敬称略)から東條英機まで宰相の夫人や愛妾(あいしょう)にまつわるエピソードを収集してきた。さすがに昔は大らかというか、現在では考えられないような話が多い。

なかでも豪快でありながらロマンチックさを感じさせるのは、山本権兵衛・第16、22代総理大臣の愛妻物語かもしれない。その愛妻ぶりは、おそらく現代の女性にも好感を持って受け止められるものだろう。

山本の相手はどんな人だったのか

山本がのちの妻となる「とき」と出会ったのは25歳のときだった。当時山本は海軍兵学校を卒業したばかりの少尉補。ときのほうは17歳。品川の遊郭「箸屋」の遊女だった。新潟から売られてきたばかりのときは、田舎風のところは抜けていなかったが、そこがまた奥ゆかしく、海千山千の女郎たちの中では際立って可憐だった。またはっとするような美人でもあった。

山本はときを気に入り、足しげく通ううちに、身の上を知ることとなった。実家は貧しい農家。父親の病気をきっかけに借金がかさみ、身売りすることになった。

「これからどうなるのか不安で……」

自分の前で涙を流すときを見て、山本は決心する。

「ときを苦境から救い出す!」

普通ならば金を払って身請けするところだ。実際に、伊藤博文はそういう手で芸者を身請けしている。

山本も海軍エリートなので、金がないわけではなかったはずだが、なぜか彼が選んだのは「強奪」という手だった。その手伝いを彼は海軍の仲間たちに依頼する。

次ページ山本の決心は固かった
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • ブックス・レビュー
  • 就職四季報プラスワン
  • 映画界のキーパーソンに直撃
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
電池開発でノーベル化学賞<br>吉野彰氏が示した「危機感」

受賞会見とともに、リチウムイオン電池の開発の歴史と当事者の労苦を振り返る。世界の先頭を走ってきた日本も、今後および次世代型の市場では優位性が脅かされつつある。吉野氏率いる全固体電池開発プロジェクトに巻き返しの期待がかかる。