外見で損する40代男性の「抜け落ちポイント」

服や装飾品を変えるだけで印象も一変

この先、インターネット上でビジネスや経済が完結する時代が訪れるかもしれない。プロフィール写真を通じてどのような印象を持たれたいのか。セルフブランディングツールとしてのプロフィール写真の重要性を考え直すべきときにきている。

SNSだけでなく、メディアを通して一般の人たちにメッセージを発信していきたい人に参考となる例を挙げたい。社会起業家の正樹(仮名・45歳)さんの例だ。

本来の人柄が伝わっていなかった

彼は有名大学のエリートで、スバズバと鋭く切り込む論客。会う前は、笑っているところを想像できない「怖い人」というイメージを僕はもっていた。でも実際に会ってみると、穏やかで優しい人である。明らかに、ファッションが原因で、「本来の人柄が伝わっていなかった」のだ

『男の服が人生を成功に導く』(書影をクリックすると、アマゾンのサイトへジャンプします)

このような人には、堅いスーツスタイルよりも、ラフなビジカジスタイルがふさわしい。ビジカジスタイルの王道である、ネイビーのジャケットにグレーのスラックス、白のボタンダウンシャツの着こなしをすれば、必然的にニュートラルなイメージに近づいていく。加えて、親しみやすさと上品さをうまく演出することがポイントになる。

先ほども書いたように、服装以上に注意すべきは、実は髪型やメガネなどの顔まわりである。人は話すとき、相手の顔を見て話す。相手の靴がどれほど高価でも、それほど目に入らない。清潔感があるかどうかは、顔まわりの印象で判断される。正樹さんは、髪型を整え、メガネも銀のフレームから黒縁に変えたことで、顔まわりの印象がかなり明るくなった。

ベーシックなビジカジスタイルに着替えた正樹さんは、以前のような尖った感じはなくなり、本来の穏やかで人当たりのよい性格が外見からも伝わるようになった。そのため、言葉やメッセージは聞く人の耳にまっすぐ届くようになったのではないかと思う。

あれから正樹さんはメディア出演も増え、世間での知名度も上がった。今では大学でも教えるなど、多方面で活躍している。

もし、意見が通りにくい、相手が耳を傾けてくれない、と感じるなら、見た目に原因があるのかもしれない。相手を身構えさせる印象を与えていないか、外見をチェックしてみる必要がある。メッセージを戦略的に伝えたいなら、それに見合った印象をまとうことが大切だ。何をどう伝えるか以前に、耳を傾けてもらえる外見を整えよう。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT